ピクシブ百科事典

目次[非表示]

まず最初に
あくまで『ラブライブ!』の楽しみ方のひとつなのだから、用法用量を正しく使ってほしいわね。

概要

虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会のメンバー12人の最年長、なおかつ『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバルALL STARS(スクスタ) 』の中で最高身長(167cm)という、自他共に認めるお姉様キャラクター。

お姉さまキャラクターというだけあり、スクールアイドルやモデルなどといった職業的な分野でも精神面でも非常に頼りになる存在で、メンバーの相談にもよく応じている。
いつも冷静で多少なことでは全く動じない。「格好良い」や「セクシー」と褒められて素直に喜ぶ。
色っぽい台詞を女性語でごく自然に話し、公式四コマ漫画では「保健の授業では教えられないような知識」も教えようとからかうこともある。その他プロモーション、声色、所作共々、本当に高校生なのかどうかを疑うレベルでまさに大人な女子。中須かすみ「かすかすちゃん」とイジってからかいながらも可愛がっている。

ラブライブ虹学ワンドロ 9話その2
ラブライブ虹学ワンドロ 6話その2



モデルの仕事も実際にしており実社会に出ているせいなのか、1・2年生組からは言うに及ばず、同じ3年生組(μ'sAqours、他チームも含む)からも頭ひとつ抜けたお姐様然とした存在ではあるが、そんな彼女からは想像も全くつかぬ意外すぎる一面も往々にしてある。

そんな果林だが、意外なポンコツぶりが見え隠れすることからこのタグが付いた。PKK(ポンコツかわいい果林姐さん・ポンコツかわいい果林先輩)とも呼ばれる。

内面が子供っぽい

まず、負けず嫌いな面が大変強く、何かしらの勝負事では勝つまで何度も挑戦する。
スクールアイドル活動では優木せつ菜「負けたくないライバルよね!」として認識している他、対人ゲームでも勝つまで再戦を申し込んでいる。
特に絢瀬絵里とは、ダンスと美貌の点で最もライバル視している(お互いに認め尊重し合う間柄で、険悪な雰囲気は全くない)。

意外とピュアな一面

大人っぽい見た目とは裏腹に女の子らしい嗜好を持っており、ぬいぐるみや可愛い動物を好む。特にパンダに目がない。
子ども時代は着せ替え人形などのおもちゃに囲まれて過ごす普通な子だったらしい。実家の地域では駄菓子を買いコインゲームをして遊んだ。
ひとりが寂しく、実は誰かに思いっきり甘えたいという性質を持っている。
しかし「かわいい」と言われるのは慣れておらず、『スクスタ』イベント「3人のプリンセス」ストーリーでは渡辺曜作のかわいいプリンセス衣装に「わたしはかわいいプリンセスが似合うタイプじゃないでしょう?着こなす自信がなくて………」と言い、高坂穂乃果にどうかわいいのかを口説き落された。

ちょっぴり幼い面もあって可愛い。

朝に弱い

朝は自分ひとりで起きることが出来ないのである。同じ寮暮らしのエマ・ヴェルデに毎朝起こしてもらっている。
情報初出のラジオドラマでは中々起きなく遅刻してしまうため、毎朝エマに朝起こしに来てもらい、着替えすらもしてもらっている。ドラマのナレーションで「エマが居ないと何もできない」とまで言われた。
エマ以外のメンバーには内緒にしているが、3年生かつエマにお世話してもらっている繋がりで彼方にはバレている。

果林ちゃん起きて〜
朝だよ〜〜〜〜〜



勉強が大の苦手

頼れるお姉さまキャラクターということで、当初は絵里・小原鞠莉黒澤ダイヤのように勉強もできるキャラクターだと普通に思われていた。

ところが実際には「勉強ができないキャラクター」であり、穂乃果・高海千歌矢澤にこ松浦果南以上に勉強に触れたがらない。

スクールアイドル同好会の4コマだよ!その18
果林ちゃんは勉強嫌いなので、虹ヶ咲で『ノー宿題デー』を実施したい



『スクスタ』では、「スクールアイドルのきつい練習をしている方が、勉強するよりはるかにマシよ!と述べたほか、勉強しないで頭が良くなりたいわね!」「勉強がいつかこの世界から消えることを願いつつ、(テスト勉強を促す絵里・ダイヤ・海未に)従うわよ!」とまで真顔で言い放つ始末である。


そして『スクスタ』毎日劇場(2020年4月9日)では、星空凛に「頼りになるお姉さま」と認識されて勉強を教えてもらいたいと頼まれた瞬間に、「えっ?」と思考停止。そして直後に、彼方にヘルプのメッセージを送るという行動にまで出ている。

毎日劇場4/9のりんかり



方向音痴

自分が住んでいる地域内どころか3年通っている校舎内ですらも迷う。どこかの三刀流の海賊剣士ほどではないが、とにかくよく迷う。
一切の迷いなく目的地と反対方向へ歩いていく。地図も読めない。

Karin-chan
方向音痴あるある



ラジオドラマでは、「学校への近道を見つけた」と言って後日エマと共に近道ルートで登校するが、迷った。

公式4コマ漫画では、RPGでせつ菜やかすみと冒険するが迷い、なぜか強キャラクターやラスボスの前にひとりで辿り着く。

『スクスタ』イベントストーリー「二人の奏でる音」では、津島善子と共に会場へ行く際、お姉さんぶって道案内を自信満々で引き受けたが、やはり迷った。

未来ハーモニー」MVではかすみの居るレインボーブリッジへと8人が走って集合する中、あくびする彼方の手を引いて、意気揚々とレインボーブリッジへの道を逆走している。
その上、シューティングゲームでもなぜか別方向に放つなど、世間一般の方向音痴とは次元が全く違う。

エマには予想外なツンデレ

いつも冷静で多少なことでは全く動じない彼女も、良くも悪くも天然でおっとりしているエマにはツンデレな一面も覗かせている。

ニジガク四コマその3
ラブライブ虹学ワンドロ 5話その2



アニメ版では

アニメ版では当初、生徒会室から生徒名簿を盗み出し、当時の同好会メンバーでも気づかなかった「せつ菜の真実」を見抜いたり、自己紹介の練習をする歩夢に軽くお節介をかけるなど、そのポンコツぶりは全く見られず、視聴者からは「かしこい」とも評されていた。

しかし、第5話以降、少しずつ果林のポンコツぶりが垣間見えることに…

第5話では果林の自室が登場したが、まず部屋の中が服で散乱している。エマは片付けようとしていたが、果林は「そのままでいいのに」と、散らかっていることは気にしていない様子。
また、果林が誤って(エマに譲った)スクールアイドル雑誌に挟んでしまった、モデル仕事で使うアンケート用紙に書かれていたのは「応●えん」と、「援」がどうしても書けず、塗り潰してひらがなで書くといった、「勉強が苦手」という要素をさりげなく露呈することに。

第9話では、撮影の仕事が終わり、次の目的地に向かおうとするが、スマホの地図を見ても目的地が分からないという事態に。偶然居合わせた高咲侑・歩夢・せつ菜に、「分かりにくい場所にあって…」とスマホを3人に見せると、なんと目的地は現在地から道路を挟んで目の前にあり、スマホで目的地を検索しておきながら全く地図アプリを使えていないことが判明。歩夢からは「地図見ても分からないなんて…」と呆れられた。

総括

要は「日常生活においてはひとりでは殆ど何もできない」「よくいえば極度な甘えん坊、きつ目にいえば誰かに付き添っていて貰わないといけないレベル」。
方向音痴や大ピンチで困り果てると半泣きになる。頼りになるお姉さまという印象や雰囲気に反して、ギャップが非常に凄まじい。
宮下愛「見た目と遊ぶ姿はガチガチなギャルの一方で、中身は人柄運動勉強どれも超優等生」というギャップとは正反対で、果林が所属するユニット「Diver Diva」をある意味象徴している。

かりあい勉強会



プロポーション抜群なお姉さんに目いっぱい甘えてもらうのも悪くはないはず…多分。
彼女本人はこれらの弱みが露呈するのがイヤで、バラされると非常に慌てたり強がったり開き直ったりもする。

ただし実は包容力も持ち合わせており、見た目通りな「面倒見が良く甘えさせてくれるお姉さん」という一面もある。つまり、「甘えん坊でありながら、甘えさせてくれる」という、非常に愛情深い性格の持ち主である。
良くも悪くもお姉様キャラクターでありながら、彼女もまた年相応な可愛さとポンコツぶりを有する、可愛いお姉様でもある。

ラブライブ虹学ワンドロ 5話その3



関連タグ

ラブライブ! 虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会
朝香果林

お姉様 お姉さん 姐さん
ポンコツ 残念な美少女 残念な美人 スタイリッシュ迷子

PKEPKDポンコツな先代たち。3年生組のクール枠という点も共通している。
ポンコツせつ菜ちゃん:ポンコツな後輩
PKRポンコツな後継者
鹿角聖良:ポンコツというほどではないが、ギャップが凄まじい3年生繋がり。髪色も似ている。
萌黄えも中の人繋がり。果林とは対照的に中身は至って女子中学生で、勉強も大嫌いな『プリチャン』アイドル。

関連記事

親記事

朝香果林 あさかかりん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ポンコツ果林姐さん」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ポンコツ果林姐さん」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 384106

コメント