ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アニガサキ11話ショック

あにがさきじゅういちわしょっく

テレビアニメ『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』1期11話の終盤で起こった衝撃的な出来事。
目次 [非表示]

概要

テレビアニメ「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」の第1期第11話(以下、11話と表記)の終盤で流された高咲侑上原歩夢のとあるシーン。


元々歩夢はスクールアイドル同好会が廃部になってショックを受けていた幼馴染の高咲侑の為に二人だけのアイドル活動を始めたつもりだった。


しかし、部長を自認する中須かすみ、2人がアイドル活動を始めるきっかけとなった優木せつ菜等多くのメンバーが参加した事で歩夢が望む侑と二人きりの同好会ではなくなり、侑はスクールアイドルフェスティバル開催というビッグプロジェクトを企画してからは、歩夢と一緒にいる時間は少なくなっていく。


更に第10話で自分に黙ってせつ菜と侑が会っていたのを見て(しかも、直前の事故によって抱き合うような感じになっており、特別な仲のように見えた瞬間を目撃している)、ショックを受け、同好会メンバーが一丸となって活動を広げていく中、歩夢だけは活動に消極的となる。


続く第11話でライブ会場が決まった事でプロジェクトが本格的に始動して同好会のメンバーと侑が話をしている場面でも、歩夢だけは浮かない顔をしていた。同好会の中心メンバーであり、侑と話す機会が多いせつ菜に対しては前回の件からかなりの嫉妬心を抱いており、買い出しについてきた時も面白くない表情をしていた。


そのせつ菜から、侑がピアノを習っていた事を聞き、自分が知らなかった事をせつ菜だけ知っていた事に歩夢はショックを受ける。


そして、侑から連絡があった歩夢は侑の部屋を訪ね、以前は無かったはずのピアノを見つけた事で上記の嫉妬心が爆発し、「せつ菜ちゃんの方が大事なの!?」と侑に問い詰める。


侑は否定したが、自分には大きな夢がある事を語りだす。しかし、二人きりの同好会でいたい歩夢は口を塞ぐかのごとく侑に抱きついて押し倒した。


🎀🖤


歩夢「聞きたくないよ・・・。」


侑「・・歩夢?」


歩夢「私の夢を一緒に見てくれるって、ずっと隣にいてくれるって言ったじゃない・・。


私、侑ちゃんだけのスクールアイドルでいたい・・。


だから・・、私だけの侑ちゃんでいて・・。」



反響

過去作にも幼馴染のメンバーと上手く行かなくてギクシャクする展開はあったが、歩夢が侑を押し倒すシーンは、過去作の幼馴染衝突回とは比べものにならない程重い展開であり、歩夢の両足が侑の片足を挟む、弾みで落ちたお互いのスマホも抱き合ってるような描写が更に衝撃度を上げている。


このシーンを見た視聴者からも「ラブライブ!シリーズの中でこんな重い展開あっただろうか」「違う番組かと思った」等の衝撃を受けたコメントが多かった。

一方、スクスタから虹ヶ咲を知る古参のファンからは第10話の件から、(予想よりも衝撃的だったとはいえ)こうなる事を予想していた意見もあり、アニメ版でも過去回をよく見ると歩夢が他のメンバーとあまり積極的に話をしていない、侑が他の同好会メンバーと楽しそうに話をしているとすぐ侑の横に移動する等伏線は張ってあった。


ただし歩夢の行動に衝撃を受けた視聴者こそ多かったものの、後述するように歩夢が感情を爆発させるに至る原因自体は誰にでも起こりうる真っ当なものであったため、彼女の行為そのものを批判する声は少なくむしろ同情の意見の方が多かった。


がんばれ嵐千砂都ちゃん

また、このショックの影響は2021年7月から放送開始された新シリーズ「ラブライブ!スーパースター!!」1期にまでも飛び火し、1話冒頭からいきなり主人公の澁谷かのんが彼女の歌声に惹かれた留学生の唐可可に追い回された挙句濃い接点を持ちつつあり、幼馴染の嵐千砂都が二の舞を演じるのではないかと危惧されていた。

そのため1話の時点でtwitterには「せつ菜ちゃんの方が大事なの!?」を改変した「可可ちゃんの方が大事なの」という早とちりかフライングもいいところなサジェストまで生まれてしまった。それだけではなくアニガサキ11話の該当シーンの侑と歩夢をかのんと千砂都に置き換えた改変gifまで作られた始末である。が、1期では平穏に時が過ぎていった。ただし、「-スーパースター!!」2期10話では、かのんがこっそり後輩の実家に行っていたことが明らかにされると、千砂都が激しく嫉妬し、あわや!?という雰囲気になっていた(他の同級生メンバーからも責められていたが)。


2022年4月に高咲侑のメガジャンボ寝そべりぬいぐるみが発売されたが、お迎えした途端に11話のあのシーンを再現する寝そべらーが後を絶たなかったという。


事の原因

何かと歩夢の大胆な行動と重い感情が先行されがちであるが、

  • 侑がスクールアイドルの影響を強く受けて心境に大きな変化が生じたからとはいえ、1話で交わした「いつでも歩夢の傍にいる」という約束が2話からすでに反故にされつつあった
  • 侑が常日頃から歩夢を「かわいい」と言い続けその気にさせ続けてきた
  • さらに『ときめいちゃった』相手には、誰に対しても直感で思わせぶりな発言をするので、真意を理解していても心臓に悪い
  • 元々せつ菜のパフォーマンスに触発されたのが二人のスクールアイドル活動のきっかけだったため、そのせつ菜に接触を繰り返していれば自分から乗り換えたと誤解されてもしょうがない
  • たちの悪いことに相手のせつ菜も侑と似て相手をその気にさせやすい気質のため、なおさら誤解を招きやすくなっている
    • スクスタ版ではアニメほどせつ菜が主人公に密接にかかわらず、代わりに感情の裏表が分かりやすいかすみが主人公を巡る競合相手のため、ある意味スクスタ版よりも重い展開に発展した元凶とも言える

と歩夢がこのような感情を爆発させたきっかけ自体は至極当然なものである。

さらには侑が歩夢を自分の部屋に呼び出した時は、あろうことか「今まで一緒にいた普通科から音楽科への転科」というボロボロだった彼女の心にとどめを刺すに十分な決意を言おうとしていたのだから、これ以上我慢したら歩夢じゃなくても心が壊れる。天然にもほどがあります…


そのためここで感情を爆発させなかったらもっと最悪の事態に陥っていたのは想像に難くなく、歩夢の行動を抜きにしても相当危なっかしい状態だったのである。

そして何より一番恐ろしいのは、原因を作った人物全員に悪意がまったくなかったことであろう…


余談

声優の原田ひとみは、このシーンを見た事がきっかけでラブライブ!に夢中になったとTwitterで呟いている。

1」「2


2021年2月22日に放送されたラブライブの生放送にて2021年4月11日からNHK Eテレで毎週日曜日19:00から再放送が行われる事が発表されたが、このシーンを公共放送のゴールデンタイムに流して大丈夫なのかを心配しているコメントも多数見受けられた。

そして2021年6月20日に放送された11話の再放送で、このシーンがそのまま放送され、再び話題となった。

更に言うと、2021年5月8日・9日に行われた虹ヶ咲の3rdライブでは、このシーンがベルーナドームの大型ビジョンで流されていた。

\よみがえる思い出!!/

また、2期5話で歩夢とせつ菜をモデルにした美女と野獣の演劇(新ユニットの演出)で、「歩夢を野獣役にしてはどうか」としずくに言われたとき「あぁ、分かる分かる…」と侑が苦笑いしながらやけに実感のこもった言い方で同意していた。

さすがに何か思う所がある模様。


その2期だが11話辺りになると前回と同じく何か来るんじゃないかと予想していた視聴者もいたが、追加メンバー関連など他に注目させるべき項目が増えたためか2期では本記事に近いショッキングな展開がくる事はなかった。


2023年11月30日にラブライブとも関わりある角川系列の角川スニーカー文庫から新作「今から私はファーストキスを捧げる。大嫌いな幼馴染みに。」が発表された。同時にボイス付きのPVが公開されたが、ダブル主役である幼馴染のキャスティングがなんとアニガサキと同じく矢野妃菜喜氏と大西亜玖璃氏であることも発表された。

但し、こちらは本項よりも刺激的な描写があるので閲覧には注意


未使用音源「2つのヴァイオリンのためのソナタ」

当初、このシーンで「2つのヴァイオリンのためのソナタ」を使用することを予定していた。しかし、実際にはめてみたところ、刃傷沙汰が起こりそうなホラー味が出てしまったため使用されず、8話でも使用された「自分をさらけ出せ」に差し替えたことを監督の河村智之が明かしている。この裏話が出たあとに、該当シーンを「自分をさらけ出せ」から「2つのヴァイオリンのためのソナタ」に差し替えて検証した有志が現れたほどでもある。


結果的に未使用音源となった「2つのヴァイオリンのためのソナタ」はテレビアニメサウンドトラック「Sound of TOKIMEKI」に収録されている。


出典:河村智之による2023年6月6日のツイート


関連イラスト

せつ菜ちゃんの方が大事なの?!センシティブな作品扭曲

ツイマンガ/←のpixiv投稿分


関連タグ

ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 アニガサキ

上原歩夢 高咲侑 幼馴染マウント 11話ショック 黒いサンライズ

みんなの夢、私の夢 : 11話サブタイトル


友情ヨーソロー 嫉妬のレヴュー


NO_EXIT_ORION:歌詞の内容がこの話の歩夢と一致しすぎると話題になった(ただしこの曲の季節は冬でアニメは夏)。スクフェスALL_STARSでも解禁済のため、冗談半分で歩夢で踊らせて気まずい気持ちになったプレイヤーも多いとか…


他作品の関連タグ

隣人部…元々は「ヒロイン主人公だけの部活をする」ために部を設立したにもかかわらず次々と入部希望者が出て修羅場が発生してしまったという点では共通している。しかもこちらは他の入部希望者が出ないよう細工まで仕掛けたにもかかわらずこのような事態になったため完全に運が悪すぎた上、ヒロインの性格が破天荒過ぎたため同情も少ないという有様である。


はるカナショック…同じシリーズ構成繋がり。奇しくも「はるか」「かなた」という名前も登場している。次の立ち直り回がシリーズ構成の脚本というのも共通。


鏡像の城戸真司シリーズ3作目主人公から生まれた闇繋がり。世界観が違うのもあるがこちらは完全な別人扱いであり、侑以外のメンバーには極力抑えていた歩夢と違い他のメンバーを平然と攻撃する。

関連記事

親記事

みんなの夢、私の夢 みんなのゆめわたしのゆめ

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 629167

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました