ピクシブ百科事典

相対領域

そうたいりょういき

ノースリーブや短めの半袖と、分割された袖やアームカバーや長手袋の間に見える、肩から二の腕にかけての露出した部分のこと(腋も含むこともある)。「絶対領域」(ミニスカとニーソの間に見える太もも)になぞらえた言い方。かつては他の用法もあった。
目次[非表示]

概要

ネット用語の一種。
ノースリーブ半袖の衣服と、長手袋アームカバーの間に出現する、露出している二の腕のこと。「絶対腋域」という言い方もある。
絶対領域においてニーソが太ももに食い込んでいるのが好まれるのと同じように、長手袋が二の腕に食い込んでいるのが好まれやすい傾向がある。
また、長手袋やアームカバーの質感、浮き出る腕のラインなども相対領域を魅力的にする大事なフェティッシュポイントである。
腕フェチ・長手袋フェチ・フェチとの関連性が非常に高い。

ただし、ネット上の古い書き込みなどを見ると、これ以外の意味で「相対領域」の用語を使っている例が多く見られる。
これは、本来の『相対領域』の意味が忘れられかけた結果、色々な人が自らのフェチ部位の素晴らしさを強調するために「この部位こそ絶対領域の対義語、つまり相対領域と呼ぶにふさわしい!」という風にこの言葉を用いていた時期があったため。

なお、「ミニスカニーソに『絶対』なんて言葉はふさわしくない、『相対領域』とすべき」と主張する人が時々いるが、そもそも絶対領域という言葉はA.T.フィールド(絶対不可侵領域)から取られたものであるという説を踏まえると、このような指摘はあたらない。
絶対領域は絶対領域、相対領域は相対領域として既に別々に棲み分けがなされていることに注意したい。

初音ミク博麗霊夢、最近ではアンラブリーが相対領域持ちキャラの代表例とされることもある。
彼女たちの腕を想像すれば、相対領域がどういう部位の事なのかイメージしやすいかもしれない。
長手袋やアームカバーが創作物のキャラクターの着用品としてよく描かれることもあって、絶対領域ほどではないものの割と一般的なフェチ部位のひとつとなっており、「相対領域」タグが付いていないものも含めこれを描いているイラストは多い。
このような露出した肩を何と呼ぶのか分からず、困惑した経験のある方は多いのではなかろうか。もっと流行れ。

起源

「相対領域」という概念のはっきりとした起源は分かっていないが、絶対領域と同じく伺か周辺で生まれた可能性が高い。
Encyclopedia of 伺か」では、相対領域について「露出している肩」と書かれている。
「スカートとオーバーニーに挟まれたふとももが『絶対領域』なら、肩出しの服と長手袋に挟まれた肩は『相対領域』とでも呼ぼう」という発想から生まれたと思われる。
上記リンク先の最古のInternet Archiveを見る限り、2002年頃にはすでにこの言葉が用いられていたようだ。

かつての用例

ただし、かつてのpixivにおけるタグの用例を見ると、正直なところ細かい用法は定まっていなかった。
そもそも絶対領域という用語を知った以上、衣服の間からがのぞく他の部分も何かそれっぽい言葉で呼んでみたくなるのが人情である(多分)。
そこから「膝丈スカートハイソックスに挟まれたは?」「口と手袋に挟まれた手首は?」などの数々の問いが生まれ、それら全般の仮称として「相対領域」が用いられる側面もあったようだ。名前通り、指しているものがまさしく相対的な言葉である。

そもそも「相対領域」という名前自体がふさわしくないのではないかという見方もあった。要するに、「相対」という言葉に「露出した肩」という要素を一体一で結びつけるのは無理があるのではないか、ということである。『絶対』の対義語が『相対』であることは明らかだが、実際問題として「じゃあ『太もも』の対義語は『肩』なのか?」というとかなり微妙なところではある。上述のような様々なフェティッシュな露出部位の総称としてこの言葉が使われていたのも、このような曖昧さが背景にあるものと思われる。

筆者がネット上で利用例を確認した、「露出した肩」以外に『相対領域』と呼ばれていた(いる)ものの一部を以下に列挙する。なお、いずれの利用例も定着していた(いる)とは言い難く、他に一般的な呼び方が存在するものもある。
混乱を招きかねないため、ここに挙げたものを含め、「露出した肩」以外の概念を「相対領域」と表すのはあまりオススメしない。


余談だが、2009年頃のニコニコ大百科にて、いわゆるへそチラを「黄昏領域」と呼んではどうかと提唱があった(実際に記事も作成されている)。
しかし2016年10月・2019年11月のどちらの時点でもpixivのタグは0件だったことを見ると、どうやら広まらなかったらしい。
また2014年頃のTwitterでは、スカートからはみ出たスパッツを「シュヴァルツシルト領域」と呼ぼうという提唱があった。こちらは黄昏領域よりも話題になり一部ネットメディアでも取り上げられたが、一時的な流行に終わりやはり定着しなかった。

現状

上記のような「(衣服と衣服の間で)露出した肩・上腕部」という要素にセクシーさ・フェティッシュなものを感じる人は多く、長手袋フェチの人も少なくない。
また、版権・オリジナルを問わず、創作キャラクターの衣服としてノースリーブや長手袋がよく用いられるというのも事実。
そのためか相対領域を備えたキャラクターも多く、pixivにもこれを描いたイラスト自体は極めて多いのだが、いかんせん元ネタとも言える絶対領域に比べて圧倒的に知名度が低いため、この言葉で検索してもあまりイラストを発見することが出来ないのが現状である。もっと広まれ。

相対領域を備えている人物のイラストは「肩出し」「オフショルダー」「長手袋」「ロンググローブ」などの単語で検索すると出てくる場合も多い。
また、部位の関係上腋チラとの親和性も高く、腋を露出させたイラストにも相対領域が現れていることがよくある。OR検索も活用するとよい。

関連イラスト

センシティブな作品
ポニテアイちゃん
巡音ルカ -テンプレーション-
\テテテテーテーテーテッテテー!/



関連タグ

肩出し オープンショルダー オフショルダー
二の腕 腋チラ
ノースリーブ 半袖 チューブトップアームカバー 長手袋

由来語:絶対領域
発祥元(推定):伺か
代表例:初音ミク 博麗霊夢 アンラブリー

関連記事

親記事

萌え要素 もえようそ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「相対領域」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2861816

コメント