ピクシブ百科事典

伺か

うかがか

デスクトップマスコット「伺か」に関連したイラストにつけられるタグ。
目次[非表示]
新・伺か絵描きさんに50のお題


概要

「伺か」に関連したイラストにつけられるタグ。

 伺かとは、デスクトップマスコットの一つで、本来はベースウェアである「materia」を指していた用語だが、現在ではコミュニティ全体を指す用語として使われることが多い。かつては「偽ペルソナウェア(with偽春菜)」「あれ以外の何か(with任意)」「何か」などとも呼ばれていた。

伺か用のベースウェアには有名なところでは

  • Windows / materia(伺か)、C.R.O.W.、SSP
  • MacOS / 偽林檎
  • Linux、FreeBSD / ninix-aya
などがあり、このベースウェアに、キャラクターデータであるゴーストをインストールして使用する。
 現在では本家のプログラムである伺か自体平成14年に開発を停止しており、materiaと互換性が高く、負荷の軽減やユーザービリティの向上など様々な独自拡張機能を備えた「SSP」が開発の主流となっている。また、2015年現在も既に公開されているゴーストの更新が続けられ、新たなゴーストの公開も行われている。またゴーストの公開に合わせ新たなシェルも公開され続けている。

ゴーストシェル

厳密には外見(キャラクターの立ち絵など)部分がシェル、中身(トークや行動)部分がゴーストであるが、実際はこれら二つをまとめてゴーストと呼ぶケースが大半である。

名称に関して

 このプログラム黒衣鯖人氏がペルソナウェア(このソフト同様のデスクトップマスコットであり、当時はフリーウェア、現在Chararina(外部リンク)と名称を変更しており、後継としてキャラリナ(外部リンク)が発表されている)を使用し、その発想を元に位置からくみ上げたプログラムを作成、平成12年に偽ペルソナウェア with "偽春菜"として発表した。
 ニュースサイトの更新情報の監視システムや人格を作成可能であったペルソナウェアの作成元が法人化しシェアウェア化したことなどを受け人気が出た。また、名称をあれ以外の何か with "偽春菜"に変更した。

偽春菜問題

 ところが平成13年ペルソナウェアの開発元および出資元がこのソフトを問題視し、公開停止を要求、ソフト名称をあれ以外の何か with "任意"(ちなみにゴーストの名称は立ち上げ時に変更可能)に変更するも5日後公開を停止する。
 その一月後には互換プログラム(後のSSP、作者はD-pixedの作者と同一)や、後継プログラムである何か。(仮)が発表された。

開発の停止と互換プログラム

 その後何か。(仮)は何かとなり、平成14年開発者変更に伴い伺かとなる。そしてその二ヵ月後に開発は停止し、新たなプロジェクトであるしなちく(外部リンク)が立ち上がるが、これは平成15年で更新が停止している。
 その後互換ソフトであるSSP(こちらも開発者の変更などがあった)などがベースウェアとしてメインとなり、このプログラムを支えた。
 なお、中国語圏ではいわゆる「偽春菜問題」が知られなかったため偽春菜と呼ばれる。

関連タグ

伺か最萌トーナメント
デスクトップ デスクトップマスコット マスコット ネットキャラ キャラクターなんとか機
偽春菜 任意 御影さくら うにゅう

伺かゴースト双葉ただきちさん/何かwizまゆら/空とあるゅう先生
 イクサイスゼロ/木村屋安子/虹のうらがわ
 月夜のおとぎばなし/人体視願/ヴィイ/橘花
 砂霧砂霧&タマ)/金屋あざみ/リンゴの樹

外部リンク

ベースウェア独立伺か研究施設 ばぐとら研究所(ssp)  C.R.O.W. official page  うさださくら(materia)  OpenDAE Project
 Gata Durmiente(偽林檎)  何か on 林檎  あれ以外の何か with "任意" のページ(ninix) ninix-aya開発プロジェクト
シェルおよびゴースト情報GHOST TOWN  何かゴーストセンター  ゴーストキャプターさくら(伺かゴースト更新フィード)
情報等Disc-2  Encyclopedia of 伺か(と、互換アプリ)
 ニコニコ大百科:同項目  wikipedia:同項目

他の記事言語

Ukagaka

pixivに投稿された作品 pixivで「伺か」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8218495

コメント