ピクシブ百科事典

センシ

せんし

漫画「ダンジョン飯」に登場するキャラクター

人物

種族:ドワーフ
低身長ながら逞しい体つきに黒々しい髭を蓄えている。「センシ」はドワーフ語で「探究者」を意味する。
10年以上に渡ってダンジョン内で魔物食の研究をしており、魔物を食べて冒険を進めようとするライオス一行の方針に感激してパーティに加わる。魔物の調理に長けており、次々現れる得体の知れない魔物をどんどん美味しい料理にしてしまう。
料理上の必要性から魔物の生態にも詳しく、火が弱点のスライムをナイフ1本で倒し、ライオスと共にバジリスクを斧の一撃で屠る、クラーケンをイカを〆る時の要領で一撃必殺を決めるなど戦闘力も高い。各種調味料香辛料やフライパン・先祖代々受け継がれた鍛冶屋垂涎の金属アダマント材の鍋を持ち込む(もともとは堅牢な盾だったのを、本人の意向で造りなおした)。下着は褌で、寝る時でも兜を脱がない。

協力的ではあるがつかみどころのない性格をしており、料理にこだわるあまり論理的にずれた一面も(毒状態の人の前で毒消しの薬草をバジリスクに詰めてじっくりロースト・宝石の価値に無頓着・ゴーレムを動く畑に改造、野菜の物々交換相手がオーク…etc)。ただ、地下四階にある水場にてアンヌと名付けていたケルピーが、魔物としての本性を剥き出しにして襲い掛かってきた際には流石にショックを受けていた。
目下の目標はレッドドラゴンを調理してステーキかハンバーグ、卵があれば親子丼にして食べること。
『何かを手軽に済ませると何かが鈍る』と言い、手作業でも可能なことを簡単にしてしまう魔法を嫌い、後述の死生観から特に蘇生術を忌み嫌う。しかし必要に駆られ水上歩行を施され、以前より魔法へ歩み寄るようになった。長いこと風呂に入っていなかったらしく、髭や髪には色んな魔物の油や血が染み込んで魔法を防ぐ絶縁体のようになってしまっている。

作中の活躍

独自の死生観から、ダンジョンを『人間も含めて生命を循環させている、ひとつの自然な生態系』として、マルシル(常識)とは逆アプローチで捉え、敬意をはらっている。ダンジョン内で生まれ育つ『恵み』を最大限に利用して、最小の損害で深部に到達しつつある彼とライオスの攻略法は、あるいはこのダンジョンに対する『正攻法』なのかもしれない。

pixivに投稿された作品 pixivで「センシ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 55729

コメント