ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「食わせなければ 若者には飯を食わせなければ」

  • ダンジョン飯5巻P119より


人物

種族:ドワーフ
低身長ながら逞しい体つきに黒々しい髭を蓄えている。「センシ」はドワーフ語で「探究者」を意味する。
一般的なドワーフと違って鍛冶が苦手で、武器の手入れも怠りがち。10年以上に渡ってダンジョン内で魔物食の研究をしており、他のドワーフからは「変わり者」と言われている。
ただし原理の理解できない「魔法」を忌み嫌うところはドワーフらしいといえる。特に輪廻の法則を侵しているともいえる「蘇生術」に強い嫌悪感を示す。彼の魔法嫌いは時にパーティを困らせている。

魔物を食べて冒険を進めようとするライオス一行の方針に感激してパーティに加わる。魔物の調理に長けており、次々現れる得体の知れない魔物をどんどん美味しい料理にしてしまう。
料理上の必要性から魔物の生態にも詳しく、火が弱点のスライムをナイフ1本で倒し、クラーケンイカを〆る時の要領で一撃で仕留めるなど、戦闘においても頼りになる存在。
ダンジョンの生態系を乱す事を嫌い、自衛や食料調達以外での無駄な殺生や乱獲を行わないようにしている。マルシルが広域爆破魔法で刃魚を一掃した時は殺しすぎるという理由から憤慨した。

人の見た目で年齢を判断するところがあり、種族特性で小柄なチルチャックや長命種のマルシルを子供扱いしている。頑固で思い込みの激しいところもあってか、特にチルチャックについては年齢を打ち明けた後も子供扱いし、事もあろうに妻子持ちのおっさんである彼に性教育を行う、という暴挙に及んだことさえある(センシ自身がドワーフという長命種という事もあって、短命種の成熟速度を理解していない。)。

世話焼きで協力的な一方で、長年ダンジョンで暮らしていたせいかマイペースでモラルに欠ける。
また、料理にこだわるあまり常識的・論理的にずれている部分がある

  • 毒状態の人の前で毒消しの薬草をバジリスクに詰めてじっくりロースト・宝虫を調理することには関心があるが本物の宝石には無頓着・ゴーレムを動く畑に改造、野菜の物々交換相手がオーク…etc。
また体を洗う習慣がないらしく、髭や髪には色んな魔物の油や血が染み込んでいた。やむなく水上歩行の魔法を受けた際にはこのひどい汚れが魔法の作用を阻害することになり、マルシル「げっ何これ(魔法の)絶縁体!?」と言わしめた。

装備

武器は刃欠けした斧、各種調味料や調理器具を常に持ち歩く。
調理器具の手入れは欠かさないが、武器や鉱石、装飾品などに関しては全く興味がない。
家宝とも言える鍋は驚異の金属アダマント製(ファンタジー作品おいて希少価値の高いとされる架空の金属。元は盾だったのを使い道がない為造りなおした)。
更には、包丁も後にこの世に二つとないと言われるほど貴重な金属のミスリルであることを打ち明けている。


作中の活躍(ネタバレ注意)

関わりの深い魔物

迷宮地下3階層にて徘徊する3体のゴーレムを畑代わりにして野菜を育てていた。
許可のない魔法生物の起動は違法らしいが、センシいわく「土を掘り返して元に戻しているだけ」

ダンジョン内の湖で釣りをするうち馴染みになり「アンヌ」と名付け、度々エサを与えて可愛がっていた。
湖を渡る必要に迫られた際に、水上歩行の魔法を嫌がったセンシはアンヌの背中に乗って湖を渡ろうと考えたが・・・。
冒険者を殺害や略奪を行うことから討伐対象となっているオークも、センシにとってはただの野菜の販売相手でしかなかった。オークたちは匂いでセンシを識別していたらしく、体を洗ったセンシを初めは彼だと気付かなかった。


関連タグ

ダンジョン飯 ドワーフ

関連記事

親記事

ダンジョン飯 だんじょんめし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「センシ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 187813

コメント