ピクシブ百科事典

狂乱の魔術師

ほんさくのすべてのげんきょうとは

狂乱の魔術師とは漫画「ダンジョン飯」の登場人物である。

概要

第12話にて初登場。絵画の中でライオスに声を掛けている。銀髪と褐色肌が特徴のエルフの魔術師である。迷宮の外のものが必要以上にダンジョンに介入すると姿を現わす。魔物を生み出し自在に操り地形を変え、本をめくるだけであらゆる生物を殺す事ができるなど高い魔力を保持しているようである。
 そして昔からダンジョンを支配していたようで、いくつかの魔物を配下として使用し、ダンジョンを監視しているようである。陛下と呼ぶ人物を崇拝し探しており、ライオスたちにステーキにされた炎竜は彼から陛下探索の任務を受けていたようである。

また原作5巻で「この地に存在する建物、金貨、家畜、血、肉、お前が今踏みつけている砂つぶ一つに至るまで全てはデルガル国王陛下その人の所有物である。」と言っていることからその崇拝度が伺える。
 現時点では性別、年齢、王国を封印(ダンジョン化)した目的は不明。
 初めての交戦でライオスの顔を覚えていたが、絵から出てきたのか彷徨っているのかも不明。
 タンスの調査ではダンジョン内で癖の強いエルフ文字の発見と「死が禁じられている」と仮説を立てているが、実際にかつての民の霊が未だに留まっているをみると何らかの繋がりがある。

 巻末のおまけ漫画ではマルシルに「超金持ち」と言われているが本当かどうかは定かではない。

関連イラスト

pixivに投稿された作品 pixivで「狂乱の魔術師」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1371

コメント