ピクシブ百科事典

遮那王

しゃなおう

源義経の稚児名の一つ。

概要

平安末期・院政期に活躍した源義経稚児名のひとつ。
常盤御前の子として生まれた牛若丸は、母が平清盛の妾から一条長成に再婚した11歳の時に鞍馬寺に預けられた。
この時に稚児名「遮那王」が名付けられた。名前の由来は毘盧遮那仏の一部から来ている。
伝説では鞍馬山天狗の修行を受けて武芸を上達したという。
その後、自分の出自を知った遮那王は出家を拒んで寺を出奔。
五条大橋で武蔵坊弁慶を負かしてその後に家来にしたという。
そして元服して「源義経」と名乗り、奥州平泉藤原秀衡の元へ向かったといわれる。

関連イラスト



関連タグ
源義経 稚児

pixivに投稿された作品 pixivで「遮那王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22479

コメント