ピクシブ百科事典

蝶野(遊戯王)

ゆうぎうおうのちょうの

高橋和希の漫画『遊戯王』の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:勝生真沙子
主人公・武藤遊戯が通う童実野高校の女性教師。泣きボクロが特徴。
同僚や男子生徒から高い人気を得ている学園のマドンナ的存在だが、その本性は心も性格も悪女そのもの。
アニメでは第一作に登場し、年齢は25~30歳くらい。

人物

交際を含むあらゆる校則を破れば生徒を退学に追い込むため、「退学魔女リン」と陰であだ名されている。一見美人だが、それは過度の厚化粧によるもので、素顔は凶悪そのもの。

実際の性格も極めて傲慢で、生徒の気持ちをビタ一考えない。生徒を退学にさせているのは私生活のストレス発散と、迷惑極まりない。お見合いをしているが、こちらも「この世のあらゆるゲス男どもをクソミソにけなして断る事」でストレスを発散するなど、もはや彼女の「ストレス発散」は暇人の暇潰しと読者には酷評されかねないものである。

原作では、野坂ミホの机に入っていた本田のプレゼントを生徒達の前に晒し、そのメッセージを読み上げるという嫌がらせに出たために闇遊戯によって化粧が崩れ、素顔を生徒達の前に晒してしまい逃げた。

アニメ版では、校則を増やそうとするなど往生際の悪さがさらに協調された。原作とは異なった経緯から割った鏡を目隠ししながら、パズルのように組み立てるというゲームで闇遊戯と勝負。しかし、自分だけは目隠しを解くルール違反を犯したため、罰ゲームによって化粧で隠していた素顔を晒してしまう(原作と異なり、老婆のような老け顔となっていた)。アニメ版では闇遊戯との敗北以降も何度か登場しており、校長に「お肌の曲がり角」と発言されている(上記の25~30歳の理由付けはこれによる)。

関連タグ

初代遊戯王 退学魔女リン 女教師 女性教師 悪女
鶴岡(遊戯王)……同作品における童実野高校教師。こちらは蝶野とは違う意味での嫌味な教師である。
刈田(遊戯王)……同僚教師。嫌味な部分は他の2人より一枚落ちる。

関連記事

親記事

初代遊戯王 しょだいゆうぎおう

兄弟記事

コメント