ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール

所属童実野高校(2年生)
血液型AB型
誕生日8月23日~9月22日の間(星座からの推理によるもの)
星座乙女座
好きな食べ物納豆
CVゆかな(当時は野上ゆかな名義)

概要

原作では図書委員を務めており、1年生の時は遊戯達と同じクラスだった。

友人達からは髪を黄色いリボンで束ねている容姿から「リボンちゃん」の愛称で親しまれている。本田片思いして、彼女に告白をしたがきっぱり断られた。

清楚な外見で性格は非常に大人しく物静か。台詞も一言二言程度しか発していない。

カラー電子書籍では髪は茶色。


アニメ

原作では一話のみ出演のゲストキャラクターであったが、アニメ版(初代遊戯王)では、設定が変更されほぼアニメオリジナルキャラクターとなっている。杏子の親友で、遊戯城之内杏子本田に加わり5人目のレギュラーキャラポジションとなっている。

原作の穏やかな図書委員という設定は無くなっており、活発でお喋りなクラスメートという、まるで正反対の性格になっている。ルーズソックスハイソックスに変更。

可憐な見た目とは裏腹にお金好きでミーハーで遊戯ほどではないが子供っぽい。良くも悪くも素直であり、爆弾発言も多く一瞬にしてその場の空気を凍りつかせてしまう事もあるが友情には厚く基本的には良い子である。

原作同様、本田に惚れられているがミホ本人は全くその気はないらしく、本田の片思いにも気づいていない様子。

イケメン好きでもあるので獏良了に一目惚れしている。

その際に言い放った「獏良君はトイレなんか行かないもん!」発言は視聴者の笑いを誘った。同アニメで杏子(と城之内と本田)は腹を下すシーンを描かれてしまい、同時期の原作で、城之内は更に派手な○○○○シーンを描かれてしまい、本田に○○○だと予想された。もはやアイドルにはなれない。


原作のあだ名の「リボンちゃん」で呼ばれるシーンもあり、一話だけ化粧台の前でポニーテールを解いて見せるシーンがあるがかなり髪が長い。

薄紫色やぬいぐるみをあしらった少女趣味な部屋に住んでいる。

本田には下手糞なポエムで容姿を菫の花、蝶、鳥に例えられた(そのポエムはどんどん雑になっていった)。

育てたデジタルペットは本人に似たリボンを付けた笑顔があざといキャラクターだった(名前は不明)。


デュエルモンスターズやデジタルペットといったホビーも嗜んだりするが、あまり接戦して挑まず何かしらの利益を生んでくれるものとして挑むパターンが多い。(デジタルペットに挑んだのもコンテストで優勝した時の賞品が「オーストラリア旅行」で、これを手に入れるためだけだった)


だが、童部(わらしべ)との【カプセルモンスターによるバトル】を体験したことでカプセルモンスターの楽しさを知り虜になった。 曰く『ミホ、すっかりカプモンにハマっちゃった♪』とのこと(バッグの中には大量のカプモンが詰まっていた)


また恐ろしいほどの強運の持ち主で、ゲーム中に相手がやったイカサマを暴いたり、でたらめにゲームに挑んでいたら勝利に導いていたりしている。


実はメインヒロインの杏子に劣等感を抱いている設定であり、しっかり者の杏子に面倒を見られている設定と杏子ばかりがスタイルを強調される設定(水着回とファッションコンテスト回とモンスターワールド編で杏子と胸の大きさはあまり変わらなかったが…)と杏子が女子の支持率が高い(女子の半数に支持された)のに対し、ミホは男子の支持率が高い設定(一年の男子の半数と二年の男子の半数に支持された。杏子は強くて男子に怖がられているか、遊戯と仲がいいのを察されている可能性があり、なおかつ男子のモブに応援されている描写がある)で匂わされた。

アニメオリキャラの姫小路i薫子の親衛隊には薫子よりも下に見られ、貰ったラブレターの枚数で薫子に負け(杏子がラブレターを貰っているかは不明だった)、決勝戦手前まで残ったものの杏子と共に薫子に邪魔された(女装した城之内は邪魔される前にクレームでパイを投げられ、切れて観客席で暴れて失格したイレギュラーであった)。

獏良に一目惚れした際に、何かと張り合う性格なのが示唆されている。


ブラチラを披露するサービスカットがあり、アニメ放送時に丁度原作でも杏子のブラチラが描かれた。

モンスターワールド編で最初に人形に魂を封印される役は原作では杏子だがアニメでは彼女に変更。一目惚れした獏良(の闇の面)に酷い仕打ちを受ける悲劇のヒロインとなった。

東映版は演出面で優遇されるのはミホ、要所を占めるのは(原作で出番が多い)杏子という構成にされており、本田と城之内の関係もこれに似る。


遊戯王DMでは一切登場していない。また、遊戯王GXでは名前のみ登場。

『遊☆戯☆王ダンジョンダイスモンスターズ』では東映版カラーかつ目を開いた正面顔かつ原作の大人しい性格のリボンちゃんがお目にかかれる。

東映版のゲームで集合カットのミホの部分が獏良に差し変わっていることもあったが。


更に詳しくアニメ

東映版では原作と同じく蝶野が登場するが、蝶野が強いるブラック校則と闇のゲームの内容がまるっと入れ替えられており、原作のミホのエピソードは無し。

何気にミホと川井静香が両方紫髪であり(薄い青紫と薄い赤紫)、病院のベンチで本を読む静香にいつものメンバーが会うシーンでこの二人が並んだ(静香の役割がミホに統合されたか、原作と同じく2人が本田のタイプと示唆していると考えるのが妥当だろう。なお、東映版では、本田が美化委員、ミホがミーハー、静香が幼女で原作・DMとキャラ付けが異なる)。

原作では杏子が様々な衣装を披露しているが、アニメでは杏子とミホの両方が様々なコスプレを披露。

バーガーワールドで杏子とミホの両方がアルバイトする設定になったり、水着回にレギュラー全員が参加したり、本田の(ミホと結婚する)妄想とミホの(獏良と結婚する)妄想でミホがドレスアップしていたり、ミホが私服で姫系のファッションを披露したり、先述のファッションコンテストに参加したり(バトントワラー姿、人魚姫姿、ドレス姿を披露。薫子に破かれた水着は両サイドに編み込みがあり、水着回の杏子のビキニといい勝負であった。)、DEATH-T編でアニオリの全身タイツ衣装に着替えさせられたり、TRPGでミホがドラクエの女商人のようなアラビアンスタイルになったりと…。

男性陣の半ズボン姿も増やされているが、女子たちとのバランスを取ったのだろうか。


関連イラスト

原作一話のみと東映版のみの登場なので、ファンアートでは東映版と同じオレンジの制服姿で描かれることが多い。

実は東映版も初期設定では女子制服が原作・DMと同じピンクであり、ピンクの制服のミホがWJ誌上に載ったこともある。

ミホちゃんミホちゃん&杏子

リボンちゃんお題箱


関連タグ

遊戯王 遊☆戯☆王/初代遊戯王

武藤遊戯 城之内克也 真崎杏子 本田ヒロト 獏良了

関連記事

親記事

初代遊戯王 しょだいゆうぎおう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 409712

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました