ピクシブ百科事典

いいからテーピングだ!

いいからてーぴんぐだ

何故か人気のあるゴリの台詞

概要

井上雄彦の漫画『スラムダンク』で、赤木剛憲(ゴリ)が放った台詞。

神奈川県予選決勝リーグで、海南大付属高校との試合の最中、赤木は着地に失敗し足首をひねってしまう。
すぐに病院に行くべきだというマネージャー彩子の主張を断り、赤木はテーピングで固めて再出場すると言い張る。

「骨が折れてもいい…歩けなくなってもいい…やっとつかんだチャンスなんだ…!」

1年生の時からずっと全国制覇を夢見てきた赤木にとって、全国出場をかけたこの試合は、絶対に中途半端で終わらせられないものだったのである。

その迫力と響きの良さから人気がある。
なぜか元のシーンとはかけ離れたイラストによく使われている……。

pixivに投稿された作品 pixivで「いいからテーピングだ!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 288449

コメント