ピクシブ百科事典

江戸時代の日本で消火活動に携わった集団のこと。
今で言うところの消防団にあたる。
もっとも、龍吐水くらいしかまともな放水用具がなかったため、直接的な消火というよりも破壊消火(延焼を防ぐために、燃えているものや周囲の可燃物を除去する)の役目の方が大きかったようだが。
火事の現場でも分かりやすいように派手な纏を持って活動し、「火事と喧嘩は江戸の華」と言われていたように、一種の花形とされていた。

転じて抑え投手を指して用いることもある。

pixivに投稿された作品 pixivで「火消し」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6607

コメント