2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

pixivにおいては絵や絵に描かれている何かへの罵倒らしきタグ。投稿者が自分自身で付ける場合がほとんどである。

リアルはもちろん、インターネットでもこの言葉を相手に対して使う場合は状況や相手との関係を考えて発言するべきである。親しき仲にも礼儀ありとはあるが、場合によっては自分の人生がエンドになりかねない。

元々「死ね」という言葉は他人に不快を与える暴言および中傷であり、表現として良くない。
平気でそれを言うと誰からにも嫌われたり、度が過ぎれば侮辱罪脅迫罪として訴えられる事もある。
それを言ったことで相手が自殺を決意し、自殺した場合、自殺教唆で6ヶ月以上7年以下の懲役もしくは禁固刑になる時もある。

なお「死ね」は「殺す」とは異なるため(「死ね」は他力本願も含まれるため殺意は曖昧だが、「殺す」は明らかに殺意を示すから)、基本的には犯行予告とは異なるという判例がある。しかし著名人への殺害予告が相次いで神経質な空気が漂っていた2017年に、SKE48のアイドルに「死ね」と書き込んだ男性が殺害予告で逮捕されており、警察司法でも意見が分かれるようである。

なお、殆どのチャットサービスやコミュニケーションサイトはこの単語を指定禁止ワードとしている。
→これを回避して書き込むため「死」の部分を「氏」や「市」、ひらがなで「し」、半角文字で「タヒ」等にする方法がある。
→しかし巷に浸透しすぎたため、これらのワードも禁止するサイトが増えてきた。

無論pixivでもコメントやタグで使う際は充分注意が必要である。というより使わないようにしましょう。

英語で意味に忠実に訳すと『I want you to die.』になるが、これをそのまま使うとバカ丁寧で迂遠な言い方になってしまう。短く『You die!』や『Die!』が一般的である。

創作・フィクションでの扱い

フィクションでは、言った方も言われた方も実在しない=被害者も加害者もいないので、前項で述べたような刑法上のデメリットが無く、それゆえに軽率に用いられやすい。
また本来は過激でシリアスな意味であるが、一周回ってギャグシーンのツッコミや試合・戦闘時の気合などで用いられ、それなりに読者・視聴者にウケてしまうワードである点も、「死ね」の乱発に拍車をかけている。

音楽でもあいみょんが『貴方解剖純愛歌〜死ね』という過激なタイトルの歌を歌っていたり、ボカロ曲でも『しねばいいのに』が普通にギャグ曲として受け入れられている。

元々創作の世界は暴力や殺人、戦争などが当たり前にエンターテインメントの題材として取り上げられ、受け入れられる程度には自由な場所なので、我々が現実の日常会話で「死ね」を使うのとはかなり意味が異なる点は注意が必要である。

ただし全く自由かといえばそうでもなく、例えば漫画でのセリフで「死ね」という発言は、公共の電波に載せるアニメでは修正される傾向にある。例えば「くたばれ」や「消えろ」「消え失せろ」「去れ」「帰れ」などのマイルドな表現に変えられているケースが多い(「死ぬ」など自分に対して使う場合はそのままアニメでも使用されている)。

言霊が力となる世界観の作品では、本当にこの一言で殺人を行える設定のものもある。

関連タグ

生きろ 14へ行け タラヲ氏ね 誠死ね キャラヘイト 犯罪 暴言

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「死ね」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「死ね」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 349785

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました