ピクシブ百科事典

西住しほ

にしずみしほ

西住しほとは、アニメ『ガールズ&パンツァー』の登場人物。

概要

CV:冬馬由美

  • 西住まほみほ姉妹の母親であり、勝利至上主義を掲げる戦車道の名門西住流師範。高校戦車道連盟の理事長も務めており、名実ともに日本戦車道界の重鎮である。整備工である夫・常夫とは早婚らしい。
  • 陸上自衛隊の戦車部隊にも稽古をつけており、蝶野亜美も彼女の教えを受けた一人である。

  • 娘たちに対して非常に厳しく、姉妹が共に出場した第62回全国高校生大会の決勝戦において、黒森峰女学園のフラッグ車を任されていたみほが、滑落した味方車両の乗員を助けようと単身で飛び出し、黒森峰フラッグ車の撃破を招いたことを厳しく叱責する。既に責任感に苛まれていたみほにとっては、そのことが戦車道そのものに対するトラウマを抱くほどに大きな追い討ちとなり、みほは逃げるように大洗女子学園に転校する。

  • しかし、戦車道とは距離を置いたはずのみほが大洗で、今度は隊長として戦車道チームを率いて第63回大会に出場していることや西住流とはかけ離れた戦術を使っていることを知り、黙っていたまほを責め、みほに勘当を言い渡すべく準決勝の大洗対プラウダ戦の会場へ赴く。
  • 試合は大洗チームが辛勝するが、実力による勝利だと評価するまほに対して、「敵が油断していただけ」「あんなものは邪道」と斬って捨て、大洗と決勝戦でまみえることになったまほに「王者の戦いを見せるように」と言い置いて会場を後にする。結局みほには直接対面しないまま帰り、勘当宣言は一旦保留となった。(…が、この試合途中、プラウダチームが試合開始早々に大洗チームを包囲網に引っ掛けてほぼ勝利確定の状況を作った途端に「降伏勧告のために三時間の猶予を与える」などと言い出すと、観客席のしほは「こんな試合は最後まで見る価値は無い」と言い切って帰ろうとしてしまい、まほに引き止められるというシーンがあった。あれ、勘当は?)
  • 次いで決勝戦も観戦に訪れており、娘たちの一騎打ちを見届け、大洗チームが優勝を決めた際には、西住流から離れてもなお自身の戦車道を貫いたみほと、彼女に率いられ敢闘した大洗チームの実力を認め、ため息をつきながらも柔らかい表情で拍手を贈った。
  • 結果、勘当騒動は肝心のみほ本人が関知することは全く無いまま終結した模様(コミカライズ版では、アンツィオ高校戦後に菊代がみほに伝えに行っている)。

  • 劇場版』では舞台裏のキーパーソンとして登場。
  • 今作で西住流家元を正式に継承し、文科省から戦車道プロリーグ設置委員会の委員長を打診されていることが判明する。
  • 優勝したはずの大洗女子学園が廃校になることを蝶野から聞き、実績を残した優勝校を潰すのは文科省の教育方針に反することに加えて来年度の大会で黒森峰が雪辱を果たせないという個人的な思惑もあり、大洗女子学園を救おうと奔走する角谷杏に手を貸し、杏と蝶野、そして日本戦車道連盟の理事長とともに学園艦教育局の役人のもとに直談判に赴く。
  • 尚、角谷杏は、元々戦車道から離れるために大洗へと転校してきたみほを無理矢理元の道へと引きずり戻した張本人であるため、しほにしてみれば「自分の都合で勝手に西住家の人間の力を利用した忌むべき相手」であると同時に「結果的にはみほが母から植え付けられたトラウマを払拭し、戦車道選手として完全復活するきっかけを与えてくれた、感謝すべき相手」でもあるという、非常にややこしい因縁をあらかじめ抱えていた相手だと言えるが、この点は劇場版コミカライズ作品「Variante」において、もう少し細かく追及されている。
  • 会談の場では役人を厳しく指弾して、「本当に大洗を潰してしまうぐらいならプロリーグの委員会に入ることも辞退させてもらう」という強硬な態度を示し、大洗チームと大学選抜チームとの試合を決定させ、試合の開催が決定した後は大学チームの責任者である島田千代の了承を取り付けるなど、大舞台を整えるのに一役買っている。
  • なお、みほのことは認めたものの、まだ直接和解していない様子で、転校手続きに必要な親の署名と印鑑をもらいに一時帰省したみほが、実家の門の前で入るのを躊躇い困り果てていた。
  • まほの手引きによりみほは邸宅の中に入り、障子越しにみほの存在に感付いたが、まほに自分の「友人」が来たと言って誤魔化され、署名と印鑑もまほが代わりにやったため、結局会うことは無かった(しかし、みほが持ってきたお土産は届けられ、それを見て「友人」の正体に薄々気付いていた模様)。
  • 役人へ直訴に行った際、穏便に済まそうとした役人が思わず言った「(大洗女子学園は)まぐれで優勝した」という言葉に「戦車道にまぐれ無し。あるのは実力のみ」と反論し、優勝したみほと大洗チーム、ひいては戦車道そのものに対する侮辱ともいえる発言に怒りを露わにしていた。
  • 試合では、観戦に訪れて千代の斜め後ろの位置に座り、雨が降っても傘をささずにどっしりと構えた姿勢で見守り続けた。なにこの漢女
  • 大激戦の末、最終的に大洗チームが何とか勝利すると、千代共々心の底から安心したように深呼吸をしていた。
  • …以上、みほと直接対面することだけは相変わらず出来ず終いだったが、間接的な形とは言えみほの学校を守るために徹底的に身体を張るように行動しており、一度は勘当も考えたことが嘘のように「みほの味方」として動いている。それだけに、いつかはちゃんと二人で向かい合って和解できる日は来るのだろうか?

  • もっとらぶらぶ作戦です!』では、親馬鹿っぷりが強調されている。
  • 母親として娘達と対話するのが足りなかったことを反省して付き合い方を勉強しようとする。だが、適度なスキンシップと称してまほを大型犬のようにわしゃわしゃと撫でて呆然とさせる、適度なお小遣いと称してまほにクレジットカードを渡して「母に捨てられるのだろうか?」と不安にさせる、適度な遊びと称してまほと自分だけでティーガーⅠマウスなどで編成された敵30両と紅白戦を行うなどなど明らかに一般的な「適度」を逸脱した接し方でまほを疲労困憊させている。さらに、心配して駆け付けた逸見エリカを適度なおもてなしと称して豪華な料理を大量に振舞って戸惑わせ、倒れるほど食べさせていた。
  • そして、地元に帰って来るみほを適度に歓迎しようとして街を挙げて盛大に歓迎したため、みほは逆に怯えてしまい逃げ帰ってしまう。
  • 島田流の家元である千代とは立場的にはライバルながらプライベートでは懇意な間柄のようで、娘の愛里寿に一緒に風呂を入ることを拒否されてショックを受けた千代に誘われてヤケ酒と愚痴に付き合っていた。その際、娘といつまで一緒に風呂を入っていたのか聞かれた際、うっかり「じゅうさ…」と言い掛けてるが、誤魔化している。
  • その後、近くの屋台で諦め悪く大洗女子学園の廃校を目論む役人(と飲みに付き合っている理事長)に酔っぱらって絡み、二人を酔い潰させている。さらに、後に屋台に訪れる審判三人バミューダ三姉妹にも絡んでいる。
  • なお、千代とはこの時お互いを「ちよきち」「しぽりん」と呼び合っていた。
  • また、ノンナと勘違いして肩車してきたカチューシャを、振り落とさずにそのままノンナの元へ運んだり、押田達とはぐれてよく確認しないで道案内を命令したマリーを手を引っ張って押田達の元に連れて行ったり等、他校の生徒に対してはとても優しい
  • ……結局のところ、原作アニメ内では「日本有数の武道の名家の責任者」という立場ゆえの厳格な態度ばかりが目立っていた彼女であるが、案外その本質は「思春期の娘との距離感の掴み方に四苦八苦していただけの不器用な母親」でしかないのかもしれない(公式イラストの中には、幼少期の二人の娘と仲良く穏やかに過ごしている彼女の姿が描かれたものもある)。

  • リボンの武者』では、「大鍋(カルドロン)」の二回戦から菊代とともに観戦に訪れている。厳しい表情で観戦していたため、その迫力にそばにいたアスパラガス達は恐れ慄いていた。


  • 今のところ、公式作品内で彼女自身が戦車に乗って戦うシーンは見られないが、「もし実際に乗ったら意味がわからないぐらい強いに違いない」というのは概ねファンの見解の一致するところ。

「ガルパンデミック3 西住しほ対大洗女子学園」本分サンプル



関連タグ

ガールズ&パンツァー 西住みほ 西住まほ
西住常夫 菊代 島田千代
リトルアーミー これが西住流…
しほ千代

pixivに投稿された作品 pixivで「西住しほ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18560975

コメント