ピクシブ百科事典

島田千代

しまだちよ

島田千代とは、『ガールズ&パンツァー 劇場版』の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:ゆきのさつき

世界中に道場を持つ島田流戦車道の家元。
若干13歳にして大学選抜チームの隊長を務める天才少女・愛里寿の母親であり、大学戦車道連盟の理事長も務めている。
貴婦人の様な穏やかな風格を漂わせているが、同じ日本戦車道流派の名門で島田流と双璧を成す西住流を強くライバル視しており、大学選抜チームが大洗女子学園と試合することになった際、愛里寿に「西住流の名が地に堕ちるくらい徹底的に叩きのめしなさい」と厳しく言い付けている。
その一方で、愛里寿の「勝ったらボコミュージアムのスポンサーに就いてほしい」という要望を快く承諾するなど、娘には甘い面もある。

試合当日は西住しほとともに観戦しており、常に日傘を差していた(雨が降った時は普通の傘を差していた)。今回の試合には個人的に思うところもあった様子で、大学選抜チームが敗れたにも拘らず逆にホッとした様子を浮かべ、しほに「今度はわだかまりのない試合をしたい」と述べていた。
(実際問題、劇場版のシナリオを見ればわかる通りわだかまりしか無いような経緯で始まった試合であるし、仮に大学チーム側が勝っていたら「折角全国大会に優勝したのに廃校を強行された大洗女子学園が、それでも何とか抗った結果、文科省の差し金で遣わされた大学選抜チームに情け容赦なくトドメを刺された」という、なんとも悲惨なシナリオが出来上がってしまうので、勝負するからには手を抜くつもりは無かったと言えど、負けてくれて逆に安心したというのも無理はない。)
その後は「試合に勝ったら」という娘との約束に反してボコミュージアムのスポンサーになっており、EDでは愛里寿達が綺麗に改装されたボコミュージアムを訪れている。スポンサーについた理由については、劇場版ノベライズで「負けはしたものの島田流の名誉を守り、堂々と戦ったから」と説明されている。
また、同じく劇場版ノベライズでは、活躍した高校生達(特に隊長格)が来年には大学に進学して来ることを指摘し、その獲得に意欲を見せている。さらには再来年に進学すると思われる西住みほの獲得も目論んでいた。

ちなみに西住しほと面談を行うシーンでは、自室の本棚に「戦車式 しつけの方法・お料理方法・おかたづけ方」やら「戦車クッキング」やら「ほんとうにあった恐い戦車」やら、珍妙な本が並んでいるのが確認できる。何じゃそら。
(ほんとうにあった恐い戦車ってこのだろうか……そういえばTV版最終話で活躍してたアイツも現実的には十分珍兵器だが。)

もっとらぶらぶ作戦です!』では親馬鹿っぷりが強調されており、愛里寿から一緒にお風呂に入るのを拒否された時はひどくショックを受け、しほを誘ってやけ酒をあおっていた。その際、お互いをしぽりん「ちよきち」と呼び合っていたことや、しほの「久々に飲もうと誘ってきたと思ったら」という台詞から、戦車道と関係のないところでは以前から友人関係であったことが窺える。

ちよきちとしぽりん

:4コマ目参照

しかし、みほのことは流派とは関係なく「娘をたぶらかして自分から離れさせようとする悪女」とでも見ているのか非常に警戒しており、同じくみほに敵愾心を抱くバミューダ三姉妹に密かに嫌がらせを命じたことも。
また、その際にはバーのバーテンダーに成りすましたり、着ぐるみに紛れるなどして3人を監視していた。大人げないなこの人。

更に余談だが、しぽりん共々子持ち人妻キャラでありながら公式から抱き枕カバー販売されているなんなんだこのアニメ

島田流とは…

島田流とは、「日本戦車道ここにあり」と世界に名を馳せた日本戦車道流派の一つ。
圧倒的火力と一糸乱れぬ統制で敵を殲滅する西住流に対し、臨機応変に対応した変幻自在の戦術を駆使する戦法を得意とする。その変幻自在さから「ニンジャ戦法」と呼ばれている。

関連タグ

ガールズ&パンツァー ガールズ&パンツァー劇場版
大学選抜チーム 島田愛里寿 西住しほ
しほ千代

pixivに投稿された作品 pixivで「島田千代」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4565846

コメント