ピクシブ百科事典

ツエーゲン金沢

つえーげんかなざわ

石川県を本拠地とするJリーグのチーム。
目次[非表示]

概要

創設年1956年
加盟年2013年
ホームスタジアム石川県西部緑地公園陸上競技場
クラブカラー赤、黒、黄
マスコットゲンゾー&ナンシー


1956年に金沢サッカークラブとして設立された。2006年に現在の名前に改めている。

金沢サッカークラブ時代の1982年に北信越フットボールリーグに昇格。1984年に石川県フットボールリーグに降格してしまったが1987年に復帰、以後1998年-2000年は再び石川県リーグ送り、2001年北信越リーグ復帰を経て、2010年にJFLに昇格した。

2010年にJリーグ準加盟を申請したものの、この時はなしのつぶて、2011年に再び申請したものの継続審議止まり、2012年に至っては様々な事情から申請そのものを断念するハメになってしまった。
だが2013年2月、Jリーグ準加盟が認められ、さらに同年11月、ついにJリーグ入会・2014年シーズンのJ3参加が認められた。

そして2014年シーズンにおいてJ3で後半戦ぶっちぎって見事優勝、わずか1年でJ2昇格を果たした。
だがJ2に挑んだ2015年は12位にとどまり、J2の厳しさを思い知ってしまったのだった。

スタジアム

石川県西部緑地公園陸上競技場
北陸鉄道バス袋畠西部緑地公園前バス停から歩いて5分

  • 金沢駅西口から下安原行または済生会病院行に乗ること。
  • ゲーム開催時には金沢駅西口から直行(ツアー)バスが運行される。

余談

マスコット
石川県の鳥・イヌワシをモチーフにした「ゲンゾー」。2017年には女子マスコットの「ナンシー」も加入した。ここまでならよくある話なのだが・・・。

2017年5月29日のホーム松本山雅FC戦において、「悪の化身」を名乗る謎のマスコット「ヤサガラス」が出現。ゲンゾーの誘拐予告を行う。そして6月17日のホームレノファ山口戦ハーフタイムショーで本当にゲンゾーを拉致。なおこの時のヤサガラスの第一声が「レノファ山口サポの皆様、ようこそ金沢へ!」だったため、この時点で現地に居合わせたサポからは「ヤサガラス本当はいい奴なのでは?」と指摘されていた。

そして2017年7月1日のホーム横浜FC戦ハーフタイムショー。金沢サポを煽るヤサガラスの前に囚われのゲンソーが「ゲンゾイヤー」に進化して登場した。

この衝撃的な展開に当の金沢サポは勿論、他サポやら各地のマスコット好きやらローカルヒーローマニアたちも反応。「どうしてこうなった」「フィギュアーツ化はまだか」など様々な論難を引き起こした。

クラブ名の由来
加賀弁で「強いんだ!!」を意味する「強えげん」が元になっている。欧文表記の「zweigen」は、独語のzwei(2)とgehen(進む)に由来する造語。これらをひっかけ、
「より強くなるために、クラブとサポーターがともに進んでいく」
という意味が込められているという。

関連項目

北國新聞社・・・本クラブの主要株主のひとつ。

pixivに投稿された作品 pixivで「ツエーゲン金沢」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 569

コメント