ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

創設年1956年
加盟年2013年
ホームスタジアム金沢ゴーゴーカレースタジアム
クラブカラー赤、黒、黄
マスコットゲンゾー&ナンシー

1956年に金沢サッカークラブとして設立された。2006年に現在の名前に改めている。


金沢サッカークラブ時代の1982年に北信越フットボールリーグに昇格。1984年に石川県フットボールリーグに降格してしまったが1987年に復帰、以後1998年-2000年は再び石川県リーグ送り、2001年北信越リーグ復帰を経て、2010年にJFLに昇格した。


2010年4月9日にJリーグ準加盟を申請。その後2011年に再び申請したものの継続審議止まりになった。2012年はホームスタジアムの改修やクラブの資本金増資が遅れたことにより、準加盟申請が見送られた。

2013年2月、Jリーグ準加盟が認められ、さらに同年11月19日、ついにJリーグ入会・2014年シーズンのJ3参加が認められた。


そして2014年シーズンにおいてJ3で後半戦は7連勝を含む13試合負けなしで2位以下を突き放し、FC琉球に勝って優勝、わずか1年でJ2昇格を果たした。

J2に挑んだ2015年は一時首位に立ったが、後半戦は19試合勝利なし(11分け8敗)と低迷し最終成績は12位。しかし終盤は2勝を挙げた。


2019年5月3日のアビスパ福岡戦では杉浦恭平がJリーグの試合として令和における初得点を記録した。


2023年は最終節を残して最下位が確定、J3降格が決まった。


スタジアム

金沢ゴーゴーカレースタジアム

2024年、待望の専用スタジアムがオープンした。


収容人数は10000人。しかしアウェイゴール裏はめっちゃ狭い。


これまでの西部緑地公園では難のあった公共交通機関でのアクセスも、ゴーゴーカレースタジアムはIRいしかわ鉄道の東金沢駅から15分と徒歩圏内となり遅い時間の試合でも安心できるようになった。なお北陸鉄道浅野川線も近くを通っているが、サポーターの北陸鉄道の利用は禁止される


また、公園に有料の事前予約制駐車場があるほか、ともに3kmほど離れているが石川県庁・イオン金沢の駐車場が利用でき、そこから無料シャトルバスでスタジアムに向かえる。


余談

マスコット

石川県の鳥・イヌワシをモチーフにした「ゲンゾー」。2017年には女子マスコットの「ナンシー」も加入した。ここまでならよくある話なのだが・・・。


2017年5月29日のホーム松本山雅FC戦において、「悪の化身」を名乗る謎のマスコット「ヤサガラス」が出現。ゲンゾーの誘拐予告を行う。そして6月17日のホームレノファ山口戦ハーフタイムショーで本当にゲンゾーを拉致。なおこの時のヤサガラスの第一声が「レノファ山口サポの皆様、ようこそ金沢へ!」だったため、この時点で現地に居合わせたサポからは「ヤサガラス本当はいい奴なのでは?」と指摘されていた。


そして2017年7月1日のホーム横浜FC戦ハーフタイムショー。金沢サポを煽るヤサガラスの前に囚われのゲンソーが「ゲンゾイヤー」に進化して登場した。


この衝撃的な展開に当の金沢サポは勿論、他サポやら各地のマスコット好きやらローカルヒーローマニアたちも反応。「どうしてこうなった」「フィギュアーツ化はまだか」など様々な論難を引き起こした。


クラブ名の由来

加賀弁で「強いんだ!!」を意味する「強えげん」が元になっている。欧文表記の「zweigen」は、独語のzwei(2)とgehen(進む)に由来する造語。これらをひっかけ、

「より強くなるために、クラブとサポーターがともに進んでいく」

という意味が込められているという。


関連項目

北國新聞社・・・本クラブの主要株主のひとつ。

関連記事

親記事

J3リーグ じぇいすりいりいぐ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3158

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました