ピクシブ百科事典

サンダーフォース

さんだーふぉーす

サンダーフォースとは、テクノソフトが開発したシューティングゲーム。 及びそのシリーズである。
目次[非表示]

シリーズ概要

横スクロールシューティングとしての知名度が高い当シリーズだが、第一作目はゼビウスの影響が伺えるトップビューのシューティングとして産声を上げた。続編の「Ⅱ」で、当時ゲームセンターを席巻していたジャンルでもある強制横スクロールシューティングのステージを導入し、「Ⅲ」以降は横スクロールに一本化している。

局面に合わせ自由に武装を使い分けるシステムが特徴である。またシリーズを通し画面演出や音響も高く評価された。

ストーリーは、第一作目から「Ⅳ」にかけてはオーン帝国の侵略に抗う銀河連邦パイロット達の奮闘を辿り、「Ⅴ」は太陽系に漂着したオーバーテクノロジーがもたらした、地球人と人工知能の悲しい戦いを描く。

ナンバリングタイトルとしては最新作になる「Ⅵ」と、当シリーズに所縁がある同人作品「ブロークンサンダー」は、それぞれに浅からぬ問題を抱えており、手に取ったプレイヤー達を落胆させた作品として知られている。


作品概要

サンダーフォース

1983年にX1版が発売され、以降にPC-88等のPC機種に移植された。

小惑星を改造した、オーン帝国の超巨大基地「ダイラデイザー」を破壊する為、自機FIRE LEOは旅立つ。ダイラデイザーは普通の惑星を装っている為、偽装された惑星表面で戦う前半パートと、直接基地を叩く後半パートに分かれている。

自機は対地・対空ショットを備えており、8方向(機種によっては4方向)に任意にスクロール可能となっている。地表に点在する指定目標「シールドベース」を破壊すると、偽装が解けてダイラデイザーが正体を現し、中枢部を破壊すればステージクリアとなる。

本作は貧弱な8ビット機でスクロールを行っていることや、X1版のゲーム開始時に音声合成で「サンダーフォース!」と発するなど、当時のマシンスペックの限界に挑戦した仕様になっている。ステージを自分で作成可能なコンストラクション版もリリースされた。

後に主幹開発者が、制作当時の様子や本作の細かな設定等をネット上で語っている。⇒参考(外部リンク) こちらによれば当初は「サンダーカノン」と命名されたが、社長の一声で「サンダーフォース」に変更されたとの事。

サンダーフォースⅡ

1988年にX68000用ソフトとして発売。翌年に「サンダーフォースⅡMD」と名を改め、メガドライブに移植された。

惑星を消し飛ばすほどの火力を有する、帝国の戦闘要塞「プレアレオース」を撃破する為、FIRE LEO-02 EXCELIZA を駆る。

前作を踏襲した8方向スクロールステージではマップに複数配置されている指定目標「ディフェンサー」を破壊し尽くすとクリア、新規に導入された横スクロールステージでは奥地に待ち受けるボスを撃破すればクリアとなり、これらが交互に展開してゆく。

シリーズを象る、豊富な武装を自在に切り替えるシステムは本作から始まっている。

後発のメガドライブ版は難易度調整の他にグラフィック変更、一部の武器の差し替えやステージの削除・変更など、大幅な改変が行われている。

海外でリリースされたメガドライブのアーキテクチャを利用したアーケードシステム「SEGA MEGA-TECH SYSTEM」の専用カートリッジで「サンダーフォースⅡ MD」がラインナップされていた。恐らく、後述の「サンダーフォースAC」よりも先にアーケードデビューした形となる。

サンダーフォースⅢ

Back to the fire


1990年にメガドライブ用ソフトとして発売。同年アーケードに「サンダーフォースAC」として逆移植を果たし、更に翌年スーパーファミコンにも「AC」をベースに「サンダースピリッツ」と言うタイトルで移植されている。

長期の争いで疲弊した連邦が、状況の打破の為にオーン帝国の本拠地となる帝星へFIRE LEO-03 STYXで乗り込み、争乱に終止符を打つストーリーとなっている。

本作から8方向スクロールステージが撤廃され、純然たる横スクロールシューティング作品としての歩みが始まる。また、前半のステージ選択や機体スピードの任意変更が可能になった。

サンダーフォースⅣ

ライネックスvsガーゴイルダイバー


1992年にメガドライブ用ソフトとして発売。北米版タイトルは「Lightening Force」

FIRE LEO-04 RYNEXがオーンのサブシステム「ヴィオス」、更に新たな敵勢力「ファウスト」と対峙する。

前作を更にブラッシュアップした内容となっている。FM音源を駆使したギターサウンド、更に緻密に描かれたグラフィックが評判となったが、一方でノーミスを前提としたかのような敵機の異様な硬さが評価に陰りを落とした。

サンダーフォースV

Goddes Of Steel


1997年にセガサターン用ソフトとして発売。翌年追加要素を添えた「PERFECT SYSTEM」がプレイステーションに移植された。

舞台は宇宙の果ての銀河連邦から地球に変更され、前作に由来する技術が発端となった争いが描かれる。機体は太陽系に漂着した謎の残骸を基に造られた戦闘機RVRシリーズを操る。

ドット描画からポリゴン描画にシフトしつつも、従来と変わらず2Dの操作性なのが特徴。

セガサターン専門雑誌の読者投稿式ランキングで長期1位を獲得した。しかし取得してしまえば切り替えが不要になるほど強力な武装が存在するなど、バランス面に懐疑的な意見も聞かれる。

後にソフト開発から社が手を引いた為、テクノソフト製としては最後のサンダーフォースとなった。

サンダーフォースⅥ

RYNEX改


2008年にプレイステーション2用ソフトとして、テクノソフトの版権所持者から承諾を得たセガより発売されている。開発元は不明。

11年ぶりの完全新作にして、セガのシューティング復権プロジェクトの第1作目として鳴り物入りで発売されたが、当プロジェクトがこの1作を限りに続報も途絶え事実上の打ち切りとなっている時点で、ユーザーから評価はお察し願いたい。

この作品を語るにあたり特に取り沙汰されたのは、ゲームとしての出来の優劣より、プロデューサーを務めた岡野哲なる人物による作品の私物化に関するものだった。判り易い例では同氏による漫画「横綱大社長」からのキャラクターを無理矢理ラスボスにした事や、ゲーム中言語を氏の趣味であるマイナーなアジア系言語にした事などが挙げられる。
他、作曲陣の豪華さを売りとしながら、ライセンスフリーの楽曲集からBGMを採用していたり、一部機体のデザインをデザイナーに無断で使用していた疑いも出ていたりと、製作現場のきな臭さを強く感じさせる点もよからぬ話題のタネとなっている。
ゲームの詳細はこちらあちらを、岡野哲の人物像についてはこちらのサイトに詳しい。

舞台は前作の地球を起点とし、救援を得るため銀河連邦本星へ向かう流れとなっている。

サンダーフォースゴールドパック1・2

メガドライブ期のサンダーフォース作品群をセガサターンに移植した復刻版。
1には「ⅡMD」と「Ⅲ」が、2には「AC」と「Ⅳ」が収録されている。一部オリジナル版と異なる部分がある。


関連作品

ゲートオブサンダー
PCエンジン用の横スクロールシューティング作品。「Ⅱ」と「Ⅲ」の一部スタッフがテクノソフトを独立した後に設立した会社で開発されている。
システムがサンダーフォースシリーズと似ている為、腹違いの姉妹作品と言えなくもない。

R-720
ドリームキャストのソフトセガガガで、作中に登場するシューティングゲーム。サンダーフォースシリーズを意識していると思われ、作曲も「IV」まで携わった「ふぁんきぃ素浪人」こと山西利治と「Ⅴ」や後述する「ブロークンサンダー」の九十九百太郎が参加している。さらにラスボス曲がアレンジが少し異なるが同じ「Justice ray part.3」でもある。

ブロークンサンダー
2007年に発売された、一部の元テクノソフトサウンドスタッフ(山西利治・九十九百太郎)が製作に関わった同人ゲーム。
開発プロジェクト名や宣伝で「THUNDER FORCE Ⅵ」の名をかたっていたが、権利者の許諾を受ける事が出来なかった為、このタイトルとなっている。
元々は九十九百太郎が同人レーベルで発売した、「Ⅵ」が開発されたら使用したであろうBGMや、「Ⅴ」のBGMを収録したサウンドトラックであったが、ある人物(以下プロデューサーと記す)にゲーム化を持ちかけられた事から開発が始まった。
しかしプロデューサー自身がゲーム開発の経験に乏しく、実際開発が始まるとスタッフの間での情報のやり取りもろくに出来ない中での作業となり、結局未完成な状態のままで発売され、返品・返金騒動を引き起こした。その事もあり、プレイヤーからの評価は芳しくないものとなっている。
一方でBGMやメカニックデザイン、ストーリーやムービーシーンなど、個別の要素は上述「Ⅵ」よりはサンダーフォースらしさを残しており、それなりの評価を得ている。


現況について

2016年9月、テクノソフトの商標並びに全タイトルの権利をセガゲームスが取得した事が明かされている。また「Ⅲ」が収録されたニンテンドー3DSソフト「3D復刻アーカイブス3」の売れ行きによっては、別タイトルの復刻実現の可能性が高くなると関係者からコメントされており、実際にニンテンドースイッチで「Ⅳ」と「AC」が復刻を果たしている。他、ゲームアーカイブスでプレイステーション版の「Ⅴ」が配信されている。2019年に発売されたメガドライブミニにも「Ⅲ」が収録されている。

2020年7月には「サンダーフォースⅢ&AC」のサウンドトラックが発売。これは過去にテクノソフトが発売したサウンドトラックの復刻ではなく、ゲーム内に格納されている音源を新規にデジタルリマスタリング録音されたものである。


関連イラスト

RVR-01の貴重な分解シーン
サンダーソード
STYX GP1版
初投稿修正版



その他

遊戯王OCGの最強カード「神のカード」の一角であるオシリスの天空竜の攻撃技の名前である。

オシリスの天空竜



関連タグ

STG テクノソフト

関連記事

親記事

テクノソフト てくのそふと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サンダーフォース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 535500

コメント