ピクシブ百科事典

ブラストウインド

ぶらすとういんど

ブラストウインドとは、核を凌ぐ最終兵器が活躍するシューティングゲーム。
目次[非表示]

焼き尽くされた地上で再び生き抜くしかないのだ……

概要

1997年1月17日発売。テクノソフトが開発したセガサターン用縦スクロールシューティングゲームである。

元は業務用用作品として開発されていたが、一旦お蔵入りとなり、その後1994年に『稲妻セイバー』と名を変えて再度登場しロケテストが行われた。個性的なキャラクター達が放つ「ぜんいん しけいどぁー!」「好きな食べ物は、牛!」といった珍妙なセリフからバカゲーの様な評価を得たらしいが、結局世に出ることはなく、実際に発売されたのはこの『ブラストウインド』という紆余曲折を経たゲームである。

核戦争後の地底からの侵略者との戦いを壮大なオープニングと共に映し出す世界観だが、ゲームの評価としては並止まり。

BGMの評価は高く、後にPart.5までアレンジを経て登場する曲「Justice Ray」が出たのもこの作品。

ゲーム中で顔が分かる人物といえば、オープニングとエンディングにそれぞれ1人ずつ出てきたノアシェルターの民間人2人と自機の「野生の風」を駆る超戦士のキョウとフォーンだけとキャラ要素は希薄。

知名度の低さも相まってかpixivにおいても同作に関連したイラストはほぼ無い。

ゲームシステム

ステージは全6ステージ構成。各ステージにはスイッチが設置されていて、自機で体当たりして押すとアイテムが手に入ったり、ステージの途中で通常とは異なるルートに切り替わるなどの効果がある。ルートの分岐によって遭遇するボスの形態やボスそのものが異なるステージもある。

また、ステージによっては自機の移動を制限する地形が配置されており、接触しても直接ミスとはならないものの、地形とスクロールに挟まれるとミスとなってしまう。

自機の攻撃方法はAボタンを押したままで連射される前方集中攻撃の通常ショットと、Aボタンを連打もしくはBボタンを押すと発射される敵を追尾するホーミングショットがあり、有限武装として投下後に大爆発を起こし、画面内の敵弾を相殺して敵にダメージを与えるボンバーも用意されている。

なお、1プレイヤー機(疾風)と2プレイヤー機(烈風)ではショットの形態が異なり、疾風はウェーブ状の通常ショットと敵を追尾するエネルギー弾をV字状に連射するホーミングショットを発射し、パワーアップが3段階目に達すると更にホーミングミサイルを撃てるようになる。烈風は直線状に太いレーザーを放つ通常ショットと敵のいる方向に広角ショットを撃つホーミングショットを放つ。

この他にもアイテム取得時に一時的に無敵状態となり、自機のX軸上に敵弾相殺効果と攻撃判定が発生するアイテムサンダーという攻撃手段もある。

関連タグ

シューティングゲーム テクノソフト セガサターン

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラストウインド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 204

コメント