ピクシブ百科事典

セガ3D復刻プロジェクト

せがすりーでぃーふっこくぷろじぇくと

「セガ3D復刻プロジェクト」とはニンテンドー3DSで3D立体視+αの要素を付加してセガのアーケードゲームや家庭用ゲーム機のソフトを復刻したタイトル群である。
目次[非表示]

概要

事の始まりはセガの奥成洋輔氏がニンテンドー3DSでリリースされていた「3Dクラシックス ゼビウス」に触れた事から着想を得ている。3Dクラシックスはアリカが担当した3D立体視を付加した移植シリーズであり大半がファミコンソフトだったのだが、唯一ゼビウスがアーケード版準拠の移植だった事から、携帯ゲーム機でアーケードの完全移植の例があまり無かった事も含めて自社のアーケードタイトル「スペースハリアー」を3D立体視を付加して移植をする所からシリーズは始まった。

開発は過去にセガエイジスシリーズも手掛け、良移植に実績のある「M2」が担当。

3D復刻アーカイブス3でひとまずこのプロジェクトは終了だという。だが、現在でもプロジェクトの継続を望む声は多い。

シリーズタイトル



3D復刻アーカイブス

これまで配信されたタイトルをパッケージソフトとしてリリースしたもので、さらにこれにのみ収録されているタイトルもある。

復刻アーカイブス1

※どちらもMk.Ⅲ/マスターシステムソフト。

復刻アーカイブス2

※後にこの二つは単独配信もされた。パワードリフトはアーカイブス収録版と異なり新規追加要素がある。

隠しタイトル

復刻アーカイブス3 FINAL STAGE


隠しタイトル

余談

スペースハリアーの3D移植のノウハウはその後のシリーズに活かされ、さらにギャラクシーフォースIIは過去にPS2のエイジス版の成功ノウハウが3D化に活かされている。奥成氏によると、エイジス版がなかったら3DSへの移植は不可能だったという。

サンダーフォースⅢは発表当初はセガがテクノソフトの知的財産権を取得し実現した事で驚かれた。

関連タグ

セガ

コメント