ピクシブ百科事典

マスターシステム

ますたーしすてむ

セガ・マスターシステム(Sega MasterSystem)とは、セガ・エンタープライゼス(現セガ)が発売した8ビットの家庭用ゲーム機である。
目次[非表示]

概要

セガマークⅢの海外版。北米では1986年に、ヨーロッパでは1987年に発売された。
逆輸入という形で日本でも1987年に発売され、日本版マスターシステムはFM音源連射機能を標準搭載した初の家庭用ゲーム機となった。FM音源は当時アーケードゲームパソコンなどで主流になっており、セガマークⅢ向けにも外付けFM音源ユニットが発売された。

だが、サードパーティーが日本では1社(サリオ)、アメリカでは2社(アクティビジョン、パーカー・ブラザーズ)しか参入せず、当時はファミコン(海外版はNES)全盛期で、その上日本では次世代機であるPCエンジン(1987年10月30日発売)が登場した時期でもあったため日本とアメリカでは苦戦を強いられた。
結局、セガは翌1988年10月に次世代機メガドライブを投入しマスターシステムの展開を終了した。

一方で、ヨーロッパでは任天堂に先んじて欧州支店を設けたことが功を奏して多数のサードパーティーを引き込むことに成功。当初はNESよりも人気があったが最終的には激亀忍者伝がリリースされたNESに敗れてしまったものの、それでも健闘を見せた。
1989年に南米でも発売。ブラジルの「Tec Toy」と提携したこともあり大成功を収めた。

1990年に、欧米では筐体をコンパクトにし、ゲームソフトを1本内蔵、マイカード及び光線銃端子が削除された「Sega MasterSystem Ⅱ」が発売された。アメリカでは失敗に終わっている反面、欧州ではそれなりに健闘していた。
南米では「MasterSytem Ⅲ」として発売されており、メガドライブと同様に低所得層向きの互換ハードとして今でも作られている。
海外のみ発売されたマスターシステム専用の光線銃「LIGHT PHASER GUN」は『赤い光弾ジリオン』の「超高速光線銃ジリオン」の初期型モデルのフォルムを流用している。

きせかえテーマで登場

ニンテンドー3DSのメニュー画面のきせかえテーマとして『セガハード マスターシステム』が配信されており、上画面にはマスターシステムのカートリッジを本体に挿入していない状態で電源ONにすると現れるスペースハリアーの曲が流れるデモ画面が再現され(但し、地平や星のアニメーションはしない)、しかもメッセージも『アイコンを選択してソフトを起動してください。』となっている。ちなみにクレジットも『©SEGA 2015 V 7.1』となっている。ちなみにこのバージョンは架空であり、実際のマスターシステムはバージョン6.Xまでが確認されている。
海外で配信されていたマスターシステムのテーマは現在日本でも配信されているが、海外版は日本のセガマークⅢのテーマをマスターシステム仕様にしている為、実質的にはセガマークⅢのテーマのものとデザイン以外は同じである。

セガ3D復刻アーカイブス

このソフトにはデモが隠し要素で収録されており、本物のマスターシステムのデモを見る事ができる。
また、スペースハリアー3Dならびに日本未発売のアウトラン3Dが3DSの立体視機能を駆使した移植が実現している。この二つは復刻アーカイブスのみのボーナストラックのようなものである。


関連イラスト

POP Master System
○ガの世界



外部リンク

セガハード大百科
SEGA RETROでのマスターシステム 紹介
セガ・ハード・ガールズ公式サイトでのマスターシステム 紹介

関連タグ

SEGA セガ SMS MasterSystem ゲーム機 据え置きゲーム機 セガマークⅢ

pixivに投稿された作品 pixivで「マスターシステム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25176

コメント