ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

第8話にて初登場した。A.I.M.S.が所有する大型ロボットタイプの自律駆動型ヒューマギア統率兵器。
ZAIAエンタープライズ』のテクノロジーを結集させた破壊兵器であり、瞬間最大出力は通常時の500%を超える。暴走したヒューマギアに接続し、ローカルネットワークに通して強制的に制御する役目を持っている。

第7話では暗殺ちゃんを拉致していたのは暴走ヒューマギアに接続する為のデータを収集していたものと思われる。

活躍

第8話では滅亡迅雷.netがセキュリティーに守られた国立医電病院で働くヒューマギアをマギア化する為の戦力として狙いを付けられてしまい、A.I.M.S.本部に侵入したゼツメライザーを携えたが接触。
その際、すぐには暴走しなかったが滅亡迅雷.netには接続していたようで、刃唯阿がいないタイミングで暴走。セキュリティーセンターを破壊してヒューマギアへ有線接続を行い、白衣の天使ましろちゃんを含む病院に勤務するヒューマギアをトリロバイトマギア化させた。 この時、イズにも有線接続しようとしたが避けられ失敗。作中で初めて明確にイズを狙った描写となった。

第9話でも大勢のトリロバイトマギアを率いながら進行し、国立みらい医療センターで勤務するヒューマギアを有線接続でトリロバイトマギア化させていく。
駆けつけた或人/仮面ライダーゼロワンを一度はその体格差で追い詰めて一度は変身を解除するも、イズから手渡されたプログライズキーで再変身したゼロワン・ブレイキングマンモスの『ブレイキングインパクト』を叩き込まれて破壊された。

第15・16話では、セキュリティ対策を施していたにも関わらず複数機が暴走を始め、迅が引き連れる大量のトリロバイトマギアと共に市街地で暴れるが、駆けつけたゼロワンによって速やかに鎮圧・破壊された。

第35話では久々に登場し、4体のギーガーが仮面ライダーサウザーの命令により稼働。
その内一機はゼロワン・メタルクラスタホッパーに破壊されたが巨大から繰り出される攻撃で追い詰めるも、そこに完全復活したによりバトルレイダーと共にハッキングされて機能を停止した。

総じて登場する度にハッキングを受けており、最後まで正常に動作していた事は一度もない

疑念

上記のようにヒューマギアをうまく制御させる機械ではあるが、それはつまり滅亡迅雷.netの強制接続と同じ事をやっているとも言える。
イメージ映像ではあくまで暴走ヒューマギアを沈黙させる為のものとされているが、そのまま意図的に暴走させる事も可能である。ZAIA社長の天津垓は本機を『破壊兵器』と称しており、その胡散臭さを浮かび上がらせる事となった。

余談

ギーガー


劇中のCGモデルはブレイキングマンモスのリデコ。
イズが調べた際に、ブレイキングマンモスのことを「ギーガーと似たシステム」と呼んでいたが、設定上の両者の関連性の有無が今後語られるかは定かでは無い。

関連タグ

仮面ライダーゼロワン 
A.I.M.S.  ZAIA  ザイアスペック
滅亡迅雷.net ブレイキングマンモス

デスフェイサービクトルギエル:同じく敵に乗っ取られた味方側マシン。

タイムマジーン前作に登場した大型ロボ。

ギーガーエイリアンシリーズなどで知られるスイスの画家。チェストバスターのような「体内にいる異物」を好んで描いており、「ヒューマギアを内側から操る」というイメージからも名前の元ネタになっている可能性がある。

関連記事

親記事

ZAIAエンタープライズ ざいあえんたーぷらいず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ギーガー(仮面ライダーゼロワン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 97115

コメント