ピクシブ百科事典

ジクウマンモス

じくうまんもす

ジクウマンモスとは、『鳥人戦隊ジェットマン』に登場するバイオ次元獣の1体である。
目次[非表示]

「まんまと現れたな!お前達に楽しい時間旅行をさせてやる!」
CV:神山卓三

概要

鳥人戦隊ジェットマン』第26話「僕は原始人」に登場したバイオ次元獣
グレイ時計マンモスの遺伝子を合成して作り出した。
頭部にアナログな時計と黒いカウンターが付いたマンモスと言うべき姿の怪人で、長い鼻の先端には砂時計まで付いている。

額のカウンターから放つ「タイムスリップビーム」と言う光線を相手に浴びせる事により、対象を別な時代にタイムスリップさせると言うとんでもない能力の持ち主で、劇中ではジェットマン5人を原始時代に飛ばし、ジェットイカロスも呼べない状態の中で巨大化する事により、一気に仕留める作戦に出た。マンモスらしくその重量を活かした突進攻撃や鼻からのガス噴射、目からの光線を得意としており、宝石を食べる事で栄養を摂取する事も出来る。

活躍

街で人々を襲い、ガス噴射でビルを破壊している所へジェットマンが現れた事で交戦。
イエローオウルのウイングガントレットを喰らって頭にたん瘤が出来るも、上記の台詞と共に額からタイムスリップビームを発射し、5人を原始時代へ送り込む。但し、直前にイエローオウルが頭突きを喰らわせた為、彼だけ4人とは別の場所に飛ばされてしまった。

自身も原始時代に赴き、頭のたん瘤を痛がりながらも洞窟内で宝石を貪って体力の回復に努めると、巨大化してジェットマンを本格的に潰しに掛かる。地響きを起こしながらクロスチェンジャーを紛失した雷太に襲い掛かろうとすると、ジェットウィングに乗ってレッドホーク達4人が駆け付け、イエローオウルが作ったたん瘤をジェットハンドカノンで攻撃する。するとその影響で次元の裂け目が生じた為、4人はジェットウィングで現代へと帰還。雷太もリーカが届けたクロスチェンジャーで変身し、4人に遅れて次元の裂け目を通って現代へ戻る事に成功する。

その後、5人と共に現代へ戻ったジクウマンモスはジェットスワローを捕えてピンチに陥れるが、其処へ駆け付けたジェットオウルの岩石落としで手放してしまう。
そして5機のジェットマシンが合体したジェットイカロスと交戦すると、序盤は持ち前の戦闘力で優位に立つも直ぐにジェットガルーダを呼ばれ、そのまま2大ロボがジェットイカロスへと合体した事で形勢は逆転。目からのビームも通用せず、突進しても逆に投げ返された挙句、止めのバードメーザーを喰らい爆散した。

バイラムからすれば「地球侵略」を最優先するなら邪魔するジェットマンを原始時代に送った時点で思う存分に侵略活動を展開できたはずである。しかし「ジェットマンを倒す」こと自体に拘って、彼らにとって唯一の現代への帰還手段であるジクウマンモスをわざわざ原始時代に送り込み、結果的に戦線復帰を助けてしまった。「ジェットマン打倒」が自己目的化した弊害が浮き彫りになっている。

余談

モチーフは時計マンモス
挿入歌「悲しきグリナム兵」には「トケイジゲン」なる本編未登場の次元獣の名前が登場するが、それをバイオ次元獣で実現した存在といえるかもしれない。

物語序盤でイエローオウルに攻撃された際、右こめかみにたん瘤が出来たが、それは最後まで残ったままであった。

なお原始時代にジェットマンをタイムスリップさせたことによって、農業経営者でもある雷太から原始人に農業技術や想像力を培う遊びを伝えられてしまい、人類進化が促進しバードニックウェーブがバイラム襲来より前に実用化される遠縁になったという考察がある。その後『爆竜戦隊アバレンジャー』のギガノイド第3番「時計」によってこの作戦の危険性が表面化している。

声を演じた神山氏はヌードルジゲンの声も兼任しており、次話で亡霊として登場する同怪人の声も引き続き担当している。次回作の『五星戦隊ダイレンジャー』では墓石社長の声を演じる事となる。

関連タグ

鳥人戦隊ジェットマン 次元戦団バイラム バイオ次元獣
時計 マンモス 時属性

バラマンモス:『超力戦隊オーレンジャー』に登場するマンモスモチーフの後輩。
時計オルグ10年後に登場する時計モチーフの後輩。

ワニカエルギン昨年登場した怪人で、同じく時間を逆行させる能力の持ち主。宝石(※こちらはダイヤモンド)を食べて栄養摂取する点も共通。

関連記事

親記事

バイオ次元獣 ばいおじげんじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ジクウマンモス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27

コメント