2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

マリア「怒れ、憎め粘着ゴキブリ!お前達を忌み嫌い、殺戮の限りを尽くして来た人間どもにゴキブリの苦痛を思い知らせてやるのだ!」
登場話:第33話「ゴキブリだ」

概要

マリア配下の、ゴキブリの駆除グッズにゴキブリの遺伝子が加わって誕生したバイオ次元獣。
大胆なデザインは野口竜氏の真骨頂と云え、画集でも評価されている。

活躍

上記のマリアの言葉通り人間を粘着液で固めていき、ファイヤーバズーカも使用不能にした。
生命力が強く、バードボンバーではとどめが刺せなかった。驚異の敏捷性を誇り、火炎攻撃も仕掛ける。

倒すには相沢博士の開発したビークスマッシャーが必要であり、天堂竜の助力で博士の遺児の美加の記憶が甦ってそれは完成する。
ビークスマッシャーのモーションチェイサーからは逃れられず、バードボンバーとの合体、スマッシュボンバーで倒された。

余談

野口氏は細かく描いてもモチーフが好きだからでもないと語っていた。

関連タグ

鳥人戦隊ジェットマン 次元戦団バイラム バイオ次元獣

ハエモズー:これも人間に報復するかのような能力を持つ害虫の怪人。但し、怨念を背負っているという説明はない。

リブギゴ(Dr.スランプ):モチーフ元が似ている(武器の名前も「キンチョールハイパーバズーカ」)。違いは接着剤をモチーフ元にしていないことと、完全なロボットであること。

関連記事

親記事

バイオ次元獣 ばいおじげんじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「粘着ゴキブリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 401

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました