2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

登場話数:第38話「いきなりハンマー!」

CV西尾徳

概要

マリアの手によって生み出された、バイオ次元獣の一体。
トカゲをベースに、腹部にパラボラ状のレーザー砲を備えた出で立ちが特徴である・・・のだが、その能力や目的について作中で全容が明らかになることはなかった。
それもそのはず、このレーザートカゲが登場したのはエピソードの冒頭のみであり、その時点で既にジェットマンと交戦状態に陥ってレッドホークのウイングガントレットで殴り飛ばされた末、そのままファイヤーバズーカを喰らって倒される、という扱いでしかないのである。この間わずかに30秒程度であり、能力を発揮する云々以前の話でしかない。

撃破後、その身体から分離したバイオ次元虫巨大化する前に、レッドホークのバードブラスターから放たれた冷凍ビームで凍結・捕獲されるのだが・・・分析のために遺伝子工学研究所に送られたこのバイオ次元虫が、さらなる一波乱を引き起こすこととなるのである・・・。

備考

デザインは企画者104の河野成浩が担当。出てきてすぐに倒されるキャラクターであることから、ライトアルマジロのスーツの改造を前提に、甲羅や肩のトゲといった特徴的なパーツがオミットされ、腹部もライトからパラボラ状のレーザーに変更。足回りはジクウマンモスのそれを流用し、頭頂部も含めたモールドを変更する形で、「ライトアルマジロっぽく見えないよう」対応されている。
体色についてはレインボー造型企画の判断に一任しているため、デザイン画稿にも特に着彩は施されずほぼ線画の状態で決定稿とされている。またそのデザイン画稿では、ライトアルマジロの印象を打ち消す要素の一つとして襟巻も描かれているが、これは実際の造形には反映されていない。

関連タグ

鳥人戦隊ジェットマン 次元戦団バイラム バイオ次元獣
出オチ

アニダラ・マキシモフ:『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』に登場する敵怪人の一体。戦隊の巨大戦力に踏み潰されるという差異はあるものの、こちらも登場と同時にあっさり死亡するという扱いは共通している。
デンシャロイド2:『特命戦隊ゴーバスターズ』に登場する敵怪人の一体。冒頭に登場してわずかに30秒程度で退場し、メイン怪人の前座として扱われた、という共通項を有する。
ニンジンワルド:『機界戦隊ゼンカイジャー』に登場する敵怪人の一体で、扱いとしてはこちらもレーザートカゲのそれに近いが、一応作中で能力や巨大化は一通り披露しているので、多少ではあるが扱いはまだマシ・・・と言えなくもないのかも知れない。

関連記事

親記事

バイオ次元獣 ばいおじげんじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 202

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました