ピクシブ百科事典

マンモスガンダム

まんもすがんだむ

マンモスガンダムとは機動武闘伝Gガンダムに登場するモビルファイターである。
目次[非表示]

概要

機動武闘伝Gガンダムに登場するネオ・シベリアのモビルファイター。機体番号はGF11-042NSB。
まんまメカ化したマンモスガンダムの顔が付いただけというあまりにも潔すぎるデザインをしている。なお、ガンダムウォーでカード化された際のイラストを見る限り口が存在する模様。
本編から12年前の第11回ガンダムファイト決勝進出機体。

本編での活躍

ネオ・ネパール所属のキラル・メキレル回でもある28話「狙われたドモン!殺し屋ファイターの必殺剣(1994年10月28日放送)」内の回想シーンで登場。
上述通り第11回ガンダムファイトに出場したが、まだ目が見えていた頃のキラルのタントラガンダムに直立状態のまま三枚卸しにされて敗北。

本編での目立った登場はこのワンカットのみである。
だがそれまで人型、最低足はなくてもマニピュレーターくらいはあったガンダムの概念を覆すような奇抜すぎるデザインは、出番は一瞬ながらネーデルガンダムとは別のベクトルで強烈なインパクトを与え視聴者の記憶に焼き付くこととなる。
アニメは見てなくてもガンダムシリーズを特集した雑誌などでもGガンダムの項に奇抜なデザインのガンダムの代表格として挿し絵で登場したりするので知っているという人もいるだろう。
それでも、ネオ・デンマークが所有する母艦ホセフィーナから出撃するイカガンダム、カニガンダム、エビガンダムもかなりのインパクトを放っている。陸が彼なら海は彼らだろう。

その後出番はなく第13回ガンダムファイトにも出場していない…と思われたが、本編終盤のデビルガンダム打倒に各国家が総集結した最終決戦でモブ機体の一体として再登場。何と12年後も現存していた。

パイロット

不明。というかワンカットしか出てないのにわかるはずがない。
もちろん名前の方も不明である。

武装

大きなきばをぶきにする。(出典:『テレビマガジン1995年1月号』)それ以外は不明。鼻の先にビーム砲の発射口に見えなくもない穴があるが、後述の別のメディアミックスでの攻撃方法からただの飾りなのかもしれない。
ちなみに出典元であるテレマガのピンナップ、ゴッドガンダムの前に立ちふさがる敵としてマンダラガンダムマーメイドガンダムコブラガンダムガンダムゼブラタントラガンダムに紛れて何故かこいつの姿もいた。

強さ

一応決勝ラウンドにまで勝ち残れる強さはある。一体どうやって勝ち抜いたのかは不明だが、第11回当時は既に二連覇済みだったネオ・イングランドのブリテンガンダムのロングライフルの脅威により各コロニーで軍拡の話が出るほどに重火器真っ盛りの時代だったので、遠距離兵器を無効化出来るだけの分厚い装甲を持ったモビルファイターほど優位に立てていたのかもしれない。
なお機体番号からしても第10回での成績は芳しくないので決勝まで勝ち抜いた事実だけでも地元ネオ・シベリアは大いに湧いたことだろう。

立体物

なし。我が国では出なかったモビルファイターまでMIA化しているアメリカでもさすがに商品化はされなかった。ワンカットしか出てないから当たり前だが。
ただしSDガンダムガンプラでは「巨神象」という明らかにこいつをモデルにしたBB戦士がセットで商品化されている。

ゲーム

初めてアニメで姿を見せた1994年当時は当然登場はなし。
しかし本放送から20年後の2014年、ガンダムブレイカー2でまさかの登場を果たす。乗り物枠での登場で、攻撃方法は持ち前の巨体で敵を蹴散らすというもの。
その巨大さは半端ではなく、宇宙世紀でも大きい部類のモビルスーツであるクシャトリヤですら小さく見えるほど。間違いなくマンモスガンダムが最も輝いているメディアミックスであろう。
…だが、その奇抜さ故に原作なしのガンブレのオリジナル機体だと誤解する人も続出した。Gガン本編でも超マイナー機体な上に登場から20年も経過しているのだから当然っちゃ当然なのだが。

関連タグ

機動武闘伝Gガンダム モビルファイター
ガンダム顔 マンモス 出オチ 初見殺し やられメカ
ガンダムファイト キラル・メキレル
ガンダムブレイカー2

関連記事

親記事

モビルファイター もびるふぁいたー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マンモスガンダム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 411

コメント