ピクシブ百科事典

吉川光夫

よしかわみつお

福岡県出身のプロ野球選手。ポジションは投手。

概要

福岡県出身。広島の広陵高校から2006年高校生ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに指名されて入団(田中将大の外れ)。ドラフトの同期は糸数敬作長野久義(指名拒否、現巨人)、今浪隆博植村祐介ら。
北海道日本ハム・斎藤佑樹投手、巨人・坂本勇人内野手、ロサンゼルス・ドジャース前田健太投手らと同じ1988年生まれのハンカチ世代のひとり。広島東洋カープ野村祐輔投手、読売ジャイアンツ小林誠司捕手は広陵高校の1年後輩にあたる。

ルーキーイヤーとなった2007年5月17日に一軍初昇格。この時八木智哉金村曉が離脱していたためその穴を埋める形でそのまま先発ローテーションに定着。この年4勝を挙げ、日本シリーズでも稲尾和久堀内恒夫石井一久に続く高卒新人先発登板を果たした。
しかし2008年はわずかに2勝どまりで交流戦前に二軍降格、以降一軍に上がることがなかった。2009年からも本来の実力を発揮できず白星を挙げられなかった。

ダルビッシュ有がメジャー移籍した2012年は、この年新たに監督に就任した栗山英樹に発破をかけられながらオープン戦で好投。これまで苦しんでいた制球難を克服しエース格として14勝(5敗)、防御率1.71の記録を残す。結果パ・リーグMVP、最優秀防御率のタイトルを獲得する活躍を見せた。それ以降も先発の柱として期待されるが、好不調の波が大きく首脳陣の信頼を完全に得ることはできなかった。

2016年のシーズンオフに、交換トレードにより読売ジャイアンツへ移籍した。日本ハム時代につけていた背番号「34」は、金田正一永久欠番であったことから「21」に変更。

プレースタイル・人物

  • 最速152キロのストレートが最大の武器。変化球の持ち球はスライダー、フォーク、チェンジアップなど。
  • プロ初勝利を挙げた2007年6月8日東京ヤクルトスワローズ戦では雷雨が原因で降雨コールドゲームになる。一部で「カミナリ王子」と呼ばれた。
  • Yahoo!で検索をかけるとき、関連ワードになめこが出てくる。

pixivに投稿された作品 pixivで「吉川光夫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2090

コメント