ピクシブ百科事典

岩隈久志

いわくまひさし

シアトル・マリナーズに所属しているプロ野球選手。
目次[非表示]

概要

所属シアトル・マリナーズ
出身東京都東大和市
生年月日1981年4月12日
身長・体重191cm、93kg
投球・打撃右投右打
守備位置投手


1999年近鉄バファローズに入団。
2001年の優勝にも貢献し、日本シリーズでも先発登板している。
2003年から2004年にかけて連続15勝し、「バファローズ最後のエース」ともなった。

バファローズが球団合併で消滅し、当初はオリックス・バファローズに入団する予定だったが、本人がそれを拒否し、東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍する。
2005年からはケガなどで不調に陥るが、2008年に復活。21勝を挙げ(20勝したのはパ・リーグでは2003年の斉藤和巳以来)最多勝を挙げたのをはじめ、最多勝や最優秀防御率、リーグMVP(この年楽天は5位)や沢村賞など先発投手部門のタイトル総なめ状態であった。2009年WBCでも先発として活躍している。
2010年オフに、大リーグ移籍を目指したポスティングシステムを行使。一度は落札が決まるが交渉がうまくいかず、決裂。2011年も楽天でプレーすることが決まった。

「楽天のエースは岩隈か田中将大か?」と議論が分かれるところだが、「エース」の証明である開幕投手の座は、岩隈が球団創立以来守っている(2006年も開幕投手と決まっていたがケガで直前に回避している)。

2011年オフに、今度はFAで大リーグを目指し、シアトル・マリナーズと契約した。
2015年8月12日、オリオールズ戦に先発出場し、3四球7奪三振でノーヒットノーランを達成
日本人選手としては、2001年の野茂英雄ボストン・レッドソックス)以来2人目、2015年のメジャーリーグ・レギュラーシーズンでは4人目の快挙となった。

選手としての特徴

150km/hの速球はないが、コントロールでコンスタントに勝ち星を挙げる(2005年〜2007年は岩隈の怪我、2段フォーム禁止による矯正、設立当初の楽天であったことを考えると仕方ない)。

関連項目

pixivに投稿された作品 pixivで「岩隈久志」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9322

コメント