ピクシブ百科事典

斉藤和巳

さいとうかずみ

元福岡ソフトバンクホークスの投手。

プロ野球チーム福岡ソフトバンクホークスに所属していた元選手。ポジションは投手。

経歴

1996年に当時の福岡ダイエーホークスに入団。入団後一時期登録名を「カズミ」にしていた。入団当初は故障がちだったが2000年に先発投手として定着。

2003年や2006年には投手タイトルを多数獲得(それ以外に2005年にも最高勝率)する大活躍をした(一方で2004年は10勝7敗ながら防御率6.26という戦後の規定投球回到達投手として最低の防御率を記録)が、一方でポストシーズンでは1度も勝利できていない。象徴的なのは2006年のプレーオフ第2ステージ第2戦でサヨナラヒットを打たれて敗退した時(メイン画像)で、このときは外国人選手2人の力を借りてベンチに戻って行った。

2008年の肩の手術(2007年の時点で状態は悪くなっていた)以降登板はなく、2011年からはリハビリ担当コーチとして選手枠から除外され、チームメイトの指導と並行して自身のリハビリを行っていた。

一時期は投球練習をするほどにまで回復したが、2013年7月末をもって現役復帰を断念、リハビリコーチも辞任しホークスを退団することとなった。引退セレモニーでは久しぶりに福岡ドーム(ヤフオクドーム)のマウンドに立ったが、4球目でようやく捕手の城島健司に届く程度であった。2014年現在は野球解説者として活動。

手術以降、肩の状況はなかなか良くならない一方、リハビリやプライベートなどを伝えるブログの更新は積極的であったことから、「プロブロガー」(略して「プブ」)などと揶揄されていたが、今でも全盛期のインパクトが語り継がれる選手である。

2人目の夫人はタレントのスザンヌだったが、2015年3月に離婚を発表した。

pixivに投稿された作品 pixivで「斉藤和巳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48767

コメント