ピクシブ百科事典

宮﨑敏郎

みやざきとしろう

宮﨑敏郎は、横浜DeNAベイスターズに所属するプロ野球選手。(内野手)
目次[非表示]

来歴

プロ入り前

1988年12月12日生まれ。佐賀県唐津市出身。
田中将大坂本勇人らと同学年。(ハンカチ世代)。

高校時代は甲子園に出場出来ず、日本文理大学へ進学。
大学時代は2度の首位打者や3度のベストナインに輝くなど、2010年のドラフト候補と目されながらも声がかからず、就職活動では10社も落ちるなど辛酸を舐めていたが、2011年にセガサミーに入社。

2012年のドラフト6位で横浜DeNAベイスターズに入団した。
主な同期入団は、白崎浩之(1位)・三嶋一輝(2位)・井納翔一(3位)。

プロ入り後

プロ1年目の2013年より一軍に出場。
しかし、2014年にはよそ見をしたことが原因でエラーを犯してしまう。中畑清監督は「野球の世界にないボーンヘッド」と酷評し、このプレーが原因で二軍へ降格し、結局この年の一軍出場はわずか5試合に終わった。

2015年からは、打撃の良さを買われてクリーンナップに定着。守備は二塁手と三塁手を兼務するようになる。
2016年は、4番打者の筒香嘉智の後を打つ5番打者を務め、チームの11年ぶりのAクラスに貢献した。
2017年には、オールスターゲームにも初出場した。
8月22日広島戦では、2-5と3点リードされた9回裏に、3番・筒香が2ラン、4番・ホセ・ロペスが同点ソロを放った直後に、5番の宮﨑がサヨナラホームランを放った。(下記の動画を参照。)
このシーズンは最終的に打率.323で首位打者のタイトルを獲得し、シーズンオフにはベストナイン(三塁手)も初受賞した。

同年のクライマックスシリーズでは広島と戦ったファイナルステージで2本塁打を放ち、日本シリーズ進出に貢献。
福岡ソフトバンクホークスと戦った日本シリーズではチームは敗れたものの、第2戦と第4戦で本塁打を放つなど第2戦から5試合連続安打と勝負強さを発揮し、シリーズ敢闘賞を受賞した。

愛称は「ハマのプーさん」。

動画

・応援歌

さあ振り抜け宮﨑 気迫溢れるパワーで
夢描け鮮やかに 空高く

・2017年8月22日

筒香、ロペス、宮崎の3連発でサヨナラ勝ち。
このカードをすべてサヨナラ勝ちし、広島を3タテする。

・2017年9月6日

ヤクルト
0-0のまま迎えた延長11回裏にサヨナラホームランを放つ。

・2017年のポストシーズンでの全安打と好守備


関連タグ

横浜DeNAベイスターズ
宮崎敏郎-表記揺れ。「﨑」の字が常用漢字でないため代用されることも多い。

pixivに投稿された作品 pixivで「宮﨑敏郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1322

コメント