ピクシブ百科事典

山﨑康晃

やまさきやすあき

東京都出身のプロ野球選手(投手)。
目次[非表示]

概要

所属横浜DeNAベイスターズ
出身東京都荒川区
生年月日1992年10月2日
身長・体重177cm、83kg
投球・打撃右投右打
守備位置投手
プロ入り2014年ドラフト1位


来歴

父親日本人母親フィリピン人、帝京高校亜細亜大学卒。
小学三年生の時に両親離婚しそれ以来、姉とともにフィリピン人の母に女手一つで育てられる。
2014年のドラフト会議にて有原航平の外れ1位で阪神タイガースとの競合の末、横浜DeNAベイスターズが交渉権を獲得し同球団に入団。背番号は19
ルーキーイヤーの2015年抑え投手を任され与田剛選手が1990年に記録した新人の連続セーブ記録を更新する9試合連続セーブを記録、5月には月間10セーブの新人記録を樹立。シーズン通算で2勝4敗37セーブ7ホールド、防御率1.92を記録し新人王に輝いた。
2016年もクローザーを務めたが前年に比べ打ち込まれる場面が目立ち、特に8月には4試合で合計10失点を喫するなど月間の防御率が15.12という大不振に陥ったが、監督のアレックス・ラミレスの方針により二軍降格にはならず、一軍にとどまり一時的な中継ぎへの配置転換等を経験するうちに復調。最終的に33セーブを記録し、プロ野球史上初となる「入団から2年連続30セーブ以上」を達成した。

プレースタイル

特徴的なクロスステップのフォームから、最速152km/hのストレートと非常に落差の大きい自称「ツーシーム」を投げ込む。
この「ツーシーム」は大学時代に先輩の東浜巨から教わったものだという。一般的なツーシームとは落ち方が違うなどの理由から「スプリットのような別の球種ではないか」という指摘があり、「実況パワフルプロ野球」などの野球ゲームでは高速シンカーといった球種として扱われている。
また、2016年シーズンにはこの「ツーシーム」が打ち込まれることが多かったため、従来はあまり投げてこなかったスライダーの精度を翌シーズンに向けて磨いていくとのこと。

「康晃ジャンプ」

横浜スタジアムでの登板時は、ファンが登場曲であるZombie Nation『KERNKRAFT 400』に合わせて歌と「ヤ・ス・ア・キ」コールをしながらジャンプする、「康晃ジャンプ」と呼ばれる応援が行われる(元々はNBA等のバスケットボールでの風習で、バスケファンでもある彼がとある中継でアナウンサーが伝えた「あんな感じで応援してもらったら嬉しいですね」という言葉をファンが聞きつけ実行、定着した)。
今ではハマスタ名物の一つとなっており、2016年にハマスタで開催されたオールスターゲームで山﨑が登板した際は球場中の観客が一体となってジャンプした。

その他

甘いマスクとファンサービスの良さからアイドル的人気も高く、筒香嘉智と並んでチームの顔としてメディアに登場する機会が多い。

」が機種依存文字の為「山崎康晃」とも記される。

関連項目

pixivに投稿された作品 pixivで「山﨑康晃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2082

コメント