ピクシブ百科事典

平和台球場

へいわだいきゅじょう

福岡県にかつてあった野球場
目次[非表示]

概要

福岡県福岡市の舞鶴公園内にあった野球場。1949年12月に開場。

西日本パイレーツ(西鉄クリッパーズと合併、1950年のみ活動)の本拠地、西鉄クリッパーズ、西鉄ライオンズ太平洋クラブライオンズクラウンライターライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)の本拠地として1950年から1978年まで使われ、1989年から1992年まで福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)の本拠地として使われた。
なお、1979年から1988年までは、パ・リーグ全球団とセ・リーグ5球団(中日ドラゴンズ除く。ここは原則東海3県長野県北陸3県以外ではホームゲームは開催しない)のホームゲームが何らかの形で行われてはいた。

1997年11月24日をもって閉鎖される。そして解体の際、平安時代の遺跡「鴻臚館」が埋まっていたことが判明。現在は博物館として整備されている。

「平和」台とは言いますが・・・・・・・・・・・

実は、その名前とは裏腹に暴動の舞台になってしまったことがあった。

平和台事件

1952年7月16日に行われたライオンズ対毎日オリオンズ戦、天候不順のせいでただでさえ試合開始が遅れた上、試合そのものも通り雨に悩まされていた。
そんな中ライオンズリードで迎えた4回表、オリオンズナインはなんだかんだと屁理屈付けて試合を遅らせる行動を取った結果、日没ノーゲームとなってしまう。
オリオンズナイン(特に当時の監督)の思惑通りに逝ったのだが、当然ながら勝つはずだった試合を潰されてしまったライオンズファンにしてみればたまったものではなかった。
結果、一部が暴徒化、暴徒のひとりが審判を弁当箱でどついたところ、その審判が「悪いのはこいつらです」と三塁側ベンチを指差してしまった
当然ながら暴徒共はそちらに殴り込みをかけてしまう。これに驚いたライオンズナインはオリオンズナインをかばおうとしたが、何を血迷ったかオリオンズの別当薫が「お前ら家帰れ」とばかりに、暴徒共に対しバットを振り回して威嚇したものだから暴徒共は大爆発、かばったライオンズの選手のひとりが暴徒のひとりに下駄でどつき回されてしまう福岡県警の機動隊員全員集めても暴徒共に対処出来るか自信が無くなり、結果熊本県警などに応援要請をするわオリオンズナインの宿を変えるわと大混乱、おまけにナインがいないはずのオリオンズの本来の宿に暴徒共が集結する有様だった。
結局、オリオンズの選手のひとりが「俺達が悪かった、申し訳ない」と土下座したことでやっと収拾が付いたのだった。

なお、当時のオリオンズの監督はこれの責任を取らされクビ、暴徒に下駄でどつかれてしまったライオンズの選手は「体を張って暴徒を沈めようとした、アンタはエライ!!」と、チームメイトのひとりと共にパ・リーグから表彰されている。
そしてこの事件がきっかけで、平和台球場に照明設備が作られることになった(1954年に完成)。

遺恨試合騒動

時代が下って1973年、この頃は黒い霧事件によりライオンズは人気・実力ともに失い、元ロッテオリオンズオーナの個人経営により太平洋クラブライオンズとして何とか命脈を保っていた状態だった。
そこで平和台事件の遺恨を利用し、観客動員を図る目的でオーナーらの古巣であり、毎日オリオンズの後継であるロッテ球団の監督と示し合わせ、シナリオありきの遺恨試合を「演出」し、乱闘の写真を使った「今日も博多に血の雨が降る!」というポスターまで作られた。
この結果そんなことは何も知らない観客が暴徒化することとなった。
確かに動員人数は上がったが、フーリガン的な客も増えてしまい、福岡県警機動隊の警備動員にまでいたることとなってしまった。
このことは後に埼玉西武ライオンズでは千葉ロッテマリーンズとのダービーという形で引き継がれる一方、福岡ではホークスファンによるロッテに対する5連敗コールや帰れコールが起きるなどの悪影響を引き摺る遠因となっている(但し、帰れコール自体は南海ホークス時代にも存在はした)。

pixivに投稿された作品 pixivで「平和台球場」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 312

コメント