ピクシブ百科事典

森祇晶

もりまさあき

元読売ジャイアンツの選手で、元西武ライオンズ、元横浜ベイスターズ監督
目次[非表示]

現役時代は巨人のV9を支えた名捕手。複数の球団コーチを歴任を経て、1986年から西武の監督。1994年の引退までの間リーグ優勝8回、日本一6回の西武黄金期を打ち立てた。

概要

本名「森昌彦」。1955年に読売ジャイアンツへ入団。現役時代はV9時代の正捕手として活躍し、配球の緻密さや記憶力の高さなどから「V9の頭脳」の異名で呼ばれた。その間に当時、南海ホークスの捕手であった野村克也と知り合う。野村とは現役~監督時代を通して所属が重なることはなかったが、徹夜で野球のことを語り合うなど盟友的な関係となった。現役時代の日本シリーズではそのリードから、MVPに選ばれた事もある。

1974年に現役を引退後は野球解説者の期間を挟みながら、ジャイアンツの先輩であった広岡達朗と行動を共にし、ヤクルトスワローズ西武ライオンズのコーチを歴任。その間、広岡の管理野球を支える立場にあった。

1984年中に広岡との仲が悪くなり、コーチを辞任。一度解説者に戻るが、1986年に広岡の後任の監督として西武に再び所属することとなった。それ以降は1994年までにリーグ優勝8回、日本一6回の西武黄金時代を打ち立てた。

なお、2001年に横浜ベイスターズの監督となったが2002年に最下位となり辞任。チームも暗黒時代に突入したため横浜森監督時代はファン・球団・本人ともに黒歴史な模様。

評価

日本のプロ野球の歴史に残る名将であったということは疑いようのない事実であり、森を凌駕する実績を挙げたのは、師匠である川上哲治(リーグ優勝、日本一はV9含めて11回)くらいである(近年の名将とされる落合博満、野村克也でも日本一連覇の実績がないので、森・川上の前には霞むと言えよう)。

が、コーチ時代の森CIAとまで言われた嫌われっぷりや、監督になってからのその勝ちっぷりから人気があったとは到底言えず、当時の西武堤オーナーからも3年連続日本一になった後の3位になった89年には「やりたければどうぞ」と吐き捨てるように言われた事などからも、必ずしも評価されていたとは言えない面があり、この辺りは師匠の川上、後の落合に通じるものがある。

フィクション作品において

V9時代の正捕手とあって、巨人の星侍ジャイアンツで登場するが、両作品では扱いが大きく異なり、巨人の星では正捕手の座を伴にほとんど譲らず、結果、一軍公式戦で星が投げる大リーグボールをほとんど受けた捕手(伴は2号初試合で森の負傷で、途中交替で公式戦初出場)となっており、ほとんど大リーグボールを苦もなく受けていた。一方の侍ジャイアンツでは番場蛮の魔球が取れずに八幡に試合出場を許し、魔球を受けるべく特訓する姿もあった。

関連タグ

伊東勤 西武黄金時代の正捕手で森の愛弟子。野村克也にもヤクルト監督時には古田敦也という愛弟子が存在しており、92年の日本シリーズは古田対伊東の対決とも言えた。現・千葉ロッテマリーンズ監督
清原和博 監督一年目で入団した当時黄金ルーキーと言われた選手。当初は打てずにいたが、森が我慢強く使い続け、ルーキー年で31本塁打を放ち、その後も西武の4番として活躍
秋山幸二 清原・デストラーデとのクリーンアップAKD砲は脅威と言えた。身体能力の高さでも知られ、日本シリーズでのバク転パフォーマンスは有名。前・福岡ソフトバンクホークス監督
工藤公康 晩年は「ハマのおじさん」で知られたが、森監督当時は「新人類」と呼ばれ「いまどきの若いものは・・・」の代名詞的存在ともなった。現・福岡ソフトバンクホークス監督
渡辺久信 元祖トレンディエース・・・だった人。工藤と共に、隔年エースと知られ、毎年どちらかが活躍することが通例であった。元・埼玉西武ライオンズ監督。

pixivに投稿された作品 pixivで「森祇晶」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1988

コメント