ピクシブ百科事典

X2010

えっくすにせんじゅう

X2010とは、グランツーリスモ5に登場する架空のレーシングカーである。開発にはレッドブルが携わっている。
目次[非表示]

正式名称はRed Bull X2010。


概要

「もしレギュレーションを無視して地上最速のレーシングカーを作ったとしたら、いったいどんな形になるのか?」
というコンセプトから、グランツーリスモとレッドブルが協力して生まれたマシンがX2010である。
(登場当初はX1という名称だったがVer.1.05以降からはX2010に名称変更されている。理由は「色々な物と被りすぎるから」)
 

特徴


・パッと見はフォーミュラマシンとプロトタイプを足したような形
・フォーミュラマシンと違い、タイヤをカウルとスパッツで覆ったりすることで空気抵抗を減らしている
・最大出力1500馬力以上のV型6気筒ツインターボエンジンを積んでいる
・洗練された形により高速域での高いダウンフォース、低い空気抵抗を発揮
…と、最新テクノロジーを駆使していいとこだけを取ったようなマシンであるが、最大の特徴としては、シャパラル2JやブラバムBT46Bという車と同じファンカーだというところだろう(これらの事はググれば分かる)。
ファンカーとは、ファンを車体後部に装備し車体下部の空気を強制的に排出してアンダーフロアの空気圧を下げることで車体を路面に吸着させ、速度に関係なく強力なダウンフォースを発生させる仕組みを持つクルマのことである。過去、上記の車たちの桁違いの速さにより、今では禁断の技術である
禁止されている物に惹かれるのも人の性というものか…
このファンの装備、そしてもともとの性能の高さにより、最高時速450km/h以上、最大横加速度8.25Gという、とんでもない性能のクルマが生まれてしまった。(F1で大体4~4.5G程度、一般車で大体0.5~1G程度。8Gは戦闘機の最大加速時とほぼ同じ。)

具体的な速さとして、F1ドライバーのセバスチャン・ベッテルがニュルブルクリンクGPコースのテスト走行でいきなりF1マシンのコースレコードを20秒以上も縮めてしまったり、最終的に1分4秒853というタイムを出してしまうほど。
また、結果的にグランツーリスモ5に登場する車の中では無敵になってしまった続編ではX2010、X2011、X2014に続きビジョングランツーリスモからのSRT トマホーク Xもチートマシンと化している。)。
なんつーバケモノだ!

主なバリエーション

S.ベッテル

レッドブルカラー。GT5でもレベルアップで入手可能。
また、2011年にベッテルのF1優勝を記念して配布もされた。
GT6では普通に登場

ノーマル

文字通り普通のX2010。カラーも選べる。

プロトタイプ

テストカー仕様に仕立てられたX2010。GT5ではセバスチャン・ベッテルXチャレンジをオールゴールドでクリアしないと入手できない(おまけにセバスチャン・ベッテルXチャレンジ自体難易度がかなり高い)レアなものだった。それゆえに高額なクルマのプレゼントが禁止される事態となった。GT6では普通に登場するようになりいつでも購入できるようになった。

5G

ゲーム大会「レッドブル5G」用に調整されたX2010。大会用にいろいろと弱体化(馬力の下方修正、ファンカー機構オフなど)が実施された。オンライン予選参加者を対象にしたオンラインイベントで配布された

進化系

X2011

X2010の改良版。
GT5では有料DLCとして登場。現在は入手不可。GT6では普通に登場する。

X2014

グランツーリスモ6に登場するX2010の2014年モデル。フォーミュラカー初心者向けのX2014 ジュニア、究極のベンチュリーカーとして作られたX2014 スタンダード。X2011に引き続きファンが搭載されたX2014 ファン・カーの3種類が存在する。

関連項目

グランツーリスモ5 レッドブル
チート
みんなのトラウマ

 

pixivに投稿された作品 pixivで「X2010」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3223

コメント