ピクシブ百科事典

岸田森

きしだしん

特撮物含む多数の作品に出演した俳優兼声優。また劇作家、演出家としても活躍した。(故人)
目次[非表示]

概要

1939年生まれ。1960年に文学座附属演劇研究所に入団。1965年に文学座座員に昇格するも翌年に退団し、悠木千帆(現:樹木希林)、村松克己らと劇団「六月劇場」を結成し、活躍の舞台を移す。
1968年に出演した『怪奇大作戦』が、円谷プロとの初仕事となる。その後、多数の作品の出演や脚本、演出をこなす。出演時の芸名である「岸田森」の他に、脚本では「朱川審」(あけかわ しん)という名前を使うこともあった。
1982年に食道癌により43歳という若さで逝去。

女優の岸田今日子と童話作家で詩人の岸田衿子は従姉妹。前述の樹木希林は元妻。

おもな出演作


余談

東宝作品『血を吸う眼』では、日本版の吸血鬼とも言うべき役を演じている。どちらかというと寡黙で台詞はかなり少ないが、岸田氏の演技力も相まっており、和製吸血鬼としても印象を強く残すことに成功している。
その後の『血を吸う薔薇』でも、継続して学園の学長に扮する吸血鬼役に選ばれている。前作での経験が最大限に発揮されており、吸血鬼として演技力に磨きがかかった。特に終盤では迫真の演技で暴れまわり、無敵っぷりを披露している。

吹き替え

エクソシスト TBS版(ジェイソン・ミラー)

関連タグ

俳優 東宝

pixivに投稿された作品 pixivで「岸田森」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8957

コメント