ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

降谷建志

ふるやけんじ

降谷建志は日本の日本のミュージシャン。ミクスチャー・ロックバンドDragon Ashのボーカル、ギター、作詞、作曲を担当。Kj(ケージェー)及びKENJI FURUYA名義でも活動。

人物編集

東京都出身。父は、俳優古谷一行

親の七光りに頼らずやっていきたいとの理由から、父が俳優の古谷一行という事実を隠し、名字を降谷と一字変えて芸名とした。

Dragon Ashのメンバー・桜井誠とは中学時代、BOTSとは高校時代からの同級生。

なお2013年NHK大河ドラマ・「八重の桜」では俳優として出演、新選組三番組長・斎藤一を演じ、2004年度大河ドラマ・「新選組!」で斎藤一を演じたオダギリジョー(「八重の桜」では新島襄を演じている)と酒を酌み交わすシーンがある。

趣味はサッカー


2008年7月7日にタレントMEGUMIと結婚。翌年長男の降谷凪(ふるやなぎ)が誕生する。23年9月離婚した。


歌手として編集

一歌手としては、とにかく生演奏・生歌に対する拘りが強いとされる人物でもある。


1999年に「Let yourself go,Let myself go」でブレイクした際は唯一出演していたのが『CDTV』だったが、この時当て振りや口パクが多かった事への当てつけと言わんばかりにマイクを逆に持って口パクだと分かるパフォーマンスをしたのはあまりにも有名。

元々はブレイク以降はまったく歌番組に出演しなくなったが、そうかと思えば翌年の『POP JAM』では自身プロデュースのMIHOの「Life」(何の因果か『CDTV』のEDテーマだった)のステージでバックバンドのドラムスとしてこっそり参加するなどお茶目な一面も持つ。

この事からも歌番組への出演を嫌っているというより、あくまで当時の歌番組の風潮に馴染むことが嫌だったようだ。


しかし、生演奏やライブ形式の歌番組が増えてからは、Dragon Ashとして出演する機会も増えてきている。

2017年の『ミュージックステーション』初出演時も生演奏のライブ形式での出演となり、MCでもそれを強調していた。

関連記事

親記事

DragonAsh どらごんあっしゅ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1489

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました