ピクシブ百科事典

小津芳香

おづほうか

スーパー戦隊シリーズ「魔法戦隊マジレンジャー」の登場人物。
目次[非表示]

演:別府あゆみ

概要

小津家長女の第2子。22歳。
変身呪文を得意とし、「変わりま〜す!」の合図で呪文を詠唱すると、マジピンクのマークの付いた扇風機大砲ノックマシン、彼女の前髪を除いた顔を浮かび上がらせられる郵便ポストフロントライトまつ毛が付きナンバープレートにマークの付いた車など、無機物有機物サイズ大小問わず変身してみせるが、色まではごまかせない(全体や体の一部がピンクだったりする)。

自由奔放な性格で、天然ボケな小津家のムードメーカー。自らを「芳香」「芳香ちゃん」と名前で呼ぶことが多く、弟妹を名前に「ちゃん」付けで呼ぶ。気分屋で思い込みが激しいお節介屋で、恋愛話になると「恋のキューピッド」を自称して「小さな親切、大きなお世話」レベルの余計な手出しをするほど。
モデルを職業としているが、奔放な性格のせいか仕事は多くない様子。収入もすぐ使ってしまっている。
それでもボーイフレンドは多く、深夜帰りもする他、魁と翼には「10回はウエディングドレスを着られる(くらい候補者がいる)」と称され、実際劇中では十五股交際をやってのけていた(だが本人曰く「(いつもより)ちょっと少ない」)。しかし単なる男好きという訳でもなく、記憶喪失になった状態で元の彼氏と出会った時に「素敵な人」と好意的な感想を抱いていたあたり、彼女なりに人となりを見て交際していたようである。

心優しさは兄弟随一で、カエルになったヒカルに恩返しをしようとしたり、事情を抱えていた冥府神ティターンに友好的な態度を示してもいた。

家事はに任せていたこともあって自身は全くできなかったが、最終決戦後のエピローグでは、麗がヒカルと結婚したことにより実家を離れたこともあってか料理はそれなりにできるようになっている。

本編終了後の出演

海賊戦隊ゴーカイジャーの最終話にも登場。も同作の3・4話に登場したが、彼が本編に比べてかなり大人びていたのに対して、芳香は本編と全く変わらない明るさだった。
脚本担当の荒川氏によると、現在は山奥でパン屋を経営しているらしい。
作中、ゴーカイジャーと直接接触し大いなる力を教えたのは魁のみであったが、荒川氏によると「家族会議の結果」とのこと。

ヒーローママ★リーグ(2018年に「東映特撮ファンクラブ」内で配信)では幼稚園に通う娘・風香(つまり深雪の孫娘で)がおり、子供を同じ幼稚園に通わせている七海ジャスミンとママ友になっている。
なお現在の名字及び結婚相手は不明。(本編ではあんな交際状況であったが、最終的に1人に落ち着けたようで何よりである)
名乗った時の爆発で焼き魚を作ろうとして案の定黒焦げにするなど相変わらず天然。娘の方がしっかり者である。
これによりマジレンジャーはデカレンジャーに続いて女性戦士が全員既婚となった。

余談

兄弟役としては第2子だが、演じた別府あゆみ氏は最年長であり、撮影開始時点では唯一の成人メンバー(第1子である蒔人役の伊藤友樹氏は1歳半ほど年下で放送直前の2005年1月に成人、残り3人は高校3年生)。本人は最年長であることに驚愕していた。

関連タグ

魔法戦隊マジレンジャー マジピンク マジカルシスターズ 戦隊ヒロイン
ヒーローママ★リーグ

胡堂小梅 ← 小津芳香 → 西堀さくら

関連キャラ

ニチアサ関連

プリキュア5:2・3年後の1時間違いの世界に登場する、コスチュームに蝶をあしらった戦士達。うち、リーダーは元気娘のピンク戦士で、黄キュアの名前は麗と同じ。

朝日奈みらい/キュアミラクル:11年後の1時間違いの世界の魔法使いの元気娘ピンク戦士。なお、彼女は一時期育児に奮闘していた。

野乃はな/キュアエール:13年後の1時間違いの世界の育児に奮闘している元気娘ピンク戦士。

その他

京極マリア:風属性、(義妹だが)がいる、自由奔放、多くの男性を虜にする等の部分が共通するキャラクター。なお、彼女の特別衣装の一つはピンクである。

関連記事

親記事

マジカルシスターズ まじかるしすたーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「小津芳香」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 105079

コメント