2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

定義

対立関係にいる相手が困っている際、それにつけ込んで倒そうとするのではなく、あえて援助を行って苦境から助け出そうとすること。

ことわざが作られた背景

内陸の甲斐信濃を領国としているため自国では塩を産出できず、その塩の輸送路を今川氏真北条氏康によって断たれて困っていた武田信玄に対し、ライバルであるはずの上杉謙信が塩を送って助けたという故事に由来する(塩分の摂取過多こそ問題になっている今日では考え難いが、そもそも塩は生命維持に不可欠な物質であり、肉体労働で汗を流す人々がほとんどだった当時であれば塩を絶たれるのは深刻な事態であった)。

もっとも、現在の歴史研究では、元々越後の商人は甲斐へ塩を流通させる商売を行っており、別に謙信が積極的に塩を送った訳ではないとされている。禁輸措置によって自領の経済が滞る事を嫌った謙信がそれを禁止しなかっただけ、と言う可能性が高いのだ。

信玄は謙信に感謝し、その証として謙信に贈ったとされる「塩留めの太刀」が現在まで残っていることからして、謙信の思惑はどうあれ信玄がこの措置に恩義を感じていた可能性は高い。

後日談

信玄と謙信の他界後、信玄の後継者・武田勝頼は謙信の後継者・上杉景勝と同盟(甲越同盟)を締結する。その際、同盟の証として勝頼は異母妹・菊姫を景勝と結婚させた。
要するに、信玄と謙信の死後、信玄の後継者が謙信の後継者に妹を送った(嫁がせた)のである。

関連記事

親記事

ことわざ ことわざ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 604975

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました