ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴

ぎんがぎりぎりぶっちぎりのすごいやつ

『ドラゴンボールZ 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』は、1993年7月10日に公開された『ドラゴンボール』シリーズの劇場公開作第12弾。ボージャック一味が登場。
目次 [非表示]

概要編集

主人公孫悟空セルゲーム死亡してから数ヶ月後の、天下一大武道大会(天下一武道会とはベツモノ)が舞台。

優勝を目指し勝ち進む孫悟飯たちの前に、セル自爆で巻き添えになった北の界王をきっかけに復活したボージャック一味が乱入し大暴れする。


時系列的に矛盾が多い劇場版アニメでは珍しく統合がとれている作品でもある。

悟空の死で戦う目標を失ったベジータが戦意を取り戻す経緯や、未来から人造人間を斃したことを報告にきたトランクスに一度紛失していた返却されるエピソードなどが描かれている。


今作の主役は、孫悟空の息子・孫悟飯。悟飯はそれまでのピッコロとお揃いの服ではなく、父悟空と同じ亀仙流風の胴着を着ている。


本作は影山ヒロノブが歌う「CHA-LA_HEAD-CHA-LA」が主題歌として使用された最後の映画となり※、次作『危険なふたり!超戦士はねむれない』から「WE_GOTTA_POWER」へ変更となる。

また、宮内幸平が演じる亀仙人が登場するのも本作が最後であり(1995年6月2日死去)、次の映画登場作である『龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる』では後に『神と神』や『ドラゴンボール超』での専属声優となる佐藤正治が、『ドラゴンボールGT』放送中に公開された映画『最強への道』では愛川欽也がそれぞれ担当した。


また、本作は劇場作品としてはヤムチャ天津飯チャオズが『地球まるごと超決戦』以来約3年ぶりに登場した作品であり、『神と神』が公開されるまではZ戦士がほぼ全員揃った最後の劇場作品かつピッコロ、天津飯、チャオズが登場する最後の劇場作品だった(ヤムチャ、亀仙人、ウーロンは元祖の初期エピソードリブート作『最強への道』に登場する)。

原作本編の展開の都合上、回想やエンディングなどを除き未来トランクスが劇場版で活躍するのも本作が最後であり、次作以降の劇場作品では現代トランクスがメインキャラとして活躍する。



※後に『神と神』の主題歌として採用されたがそちらはFLOWによるカバー版。神と神公開以前に発売されたPS2版以降の一部ゲームやジャンプフェスタ用アニメ『オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!!』、ドラゴンボールとは無関係の筈の『銀魂_THE_FINALでは影山による原曲が使用されている。


主な登場人物編集

レギュラーキャラクター編集

孫悟飯

トランクス

クリリン

ベジータ

ピッコロ

天津飯

ヤムチャ

チャオズ

ミスター・サタン

ブルマ

チチ

孫悟空

敵キャラクター編集

ボージャック

ザンギャ

ゴクア

ビドー

ブージン


関連タグ編集

ドラゴンボール ドラゴンボールZ DB DBZ


燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦 → 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴 → 危険なふたり!超戦士はねむれない


僕のヒーローアカデミア……No.329(アニメ版では139話)のサブタイトルが『欧米ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴』と、明らかに本映画をオマージュしている。インパクトのあるタイトルに違わず、欧米から駆け付けたぶっちぎりに強いヒーロー最凶のヴィランと対峙した。

関連記事

親記事

ドラゴンボール(劇場版) どらごんぼーるげきじょうばん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 185689

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました