ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

2008年のジャンプフェスタで公開された『ドラゴンボール』の短編アニメ。

正式名称はDRAGONBALL オッス! 帰ってきた孫悟空と仲間たち!!』


魔人ブウとの戦いから2年後、突如地球に現れたフリーザ軍残党のアボ(ドラゴンボール)カド(ドラゴンボール)との戦いを描く。

原作者である鳥山明がシナリオ原案およびキャラクターデザインを務めている。


アニメ版ではなかなか活躍しないクリリンやヤムチャが活躍しており、他にも漫画のみ登場する天津飯と餃子はオープニングのみの出演だがゴテンクスが天津飯の『排球拳』を使用している。


ブウ戦の後、ドラゴンボールによって一般市民からブウの記憶は消された筈だが、本作では彼らの記憶に残っているという差異がある。


現在は本作の続編にあたる劇場版『神と神』のDVDに併録されている。


あらすじ

ブウとの戦いが終わって2年。世界をすくった英雄ということになったミスター・サタンは記念にホテルを建造し、Z戦士たちは落成記念パーティーに参加していた。

しかしそこに突然ベジータにそっくりな青年が現れ、事態は風雲急を告げる。青年の名はターブル。なんと、戦闘力が低かったため王家から追放された過去を持つ、ベジータの生き別れただという。ターブルは地球に、新たな宇宙人が迫っていることを告げる…。


余談

本作で登場したベジータ・ターブル役を演じた森田成一氏は、後に映画『神と神』にて重要人物の一人であるウイスを演じた。

なお、故・郷里大輔氏がサタンを演じたのは本作が最後である。


よくネタにされる所謂「悟空訛り」はこの頃から目立つようになってきた「でぇこん(大根)」、「たたけぇ(戦い)等」。


関連項目

ドラゴンボールZ OVA

ターブル グレ

関連記事

親記事

ドラゴンボールZ どらごんぼーるぜっと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40722

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました