ピクシブ百科事典

サイヤ人絶滅計画

さいやじんぜつめつけいかく

『ドラゴンボールZ』を原作としたゲーム。またはそのアニメ。
目次[非表示]

概要

 『ドラゴンボールZ』を原作としたFCRPGドラゴンボールファミコンゲームとしては最後の作品に当たる。
 時系列的には人造人間編の序盤であり、悟飯はまだ少年超サイヤ人化可能)で、青年トランクスも現代にいる時系列。『超サイヤ人~』ではブロリー編の直後セルゲーム直前であることが明かされている。地球の危機がそこまで迫ってるんならセルも少しは動けよ。
 後にドラゴンボールのゲームとしては本当に珍しいことに、OVAとしてアニメ化が決定した。更にそのリメイクとして『超サイヤ人絶滅計画』がアニメ化され、現在では『Z』のDVDに特典映像で収録されている。
 なお、アニメではデンデが登場しない、ピッコロがなぜかミスターサタンを知っているなど一部原作との差異がある。

あらすじ

 突如地球に接近した謎の遊星から、毒ガス「デストロンガス」を放つポッドが無数に飛来した。このままでは3か月も持たない内に地球は死の星になってしまう。地球を守るためにZ戦士たちは捜査を開始するが、デストロンガスを送り込んだのはベジータ王に滅ぼされた惑星ベジータの先住民族・ツフル人であることが判明する。
 ツフル人老科学者ドクターライチーは自らのを懸けて開発したコンピューターハッチヒャック」に自身の分身であるゴーストライチーを作らせ、サイヤ人への復讐のために地球にやってきた。悟空たちの前に立ちはだかるのは、かつてZ戦士たちが葬ってきたフリーザクウラターレススラッグといった強敵を模したゴースト戦士たちだった…。

関連項目

超サイヤ人

pixivに投稿された作品 pixivで「サイヤ人絶滅計画」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 322

コメント