ピクシブ百科事典

フロック・フォルスター

ふろっくふぉるすたー

「進撃の巨人」の登場キャラクター。

「巨人を滅ぼす事ができるのは、悪魔だ!」

概要

CV:小野賢章

進撃の巨人に登場するキャラクター。
フロックの意味は「思わぬ幸運」「まぐれ」、ラテン語では「群れ」などの意味を持つ。

様々な激戦を経て大幅に人員を減らすこととなった調査兵団に駐屯兵や憲兵が入団することになった際、入団した一人。エレンたちと同じ104期生である。
仲間であるサンドラとゴードンを連れて調査兵団に入り、ウォール・マリア奪還に身を乗り出すことを決めていた。
エレン達とは同期なのだが、実質壁外調査や対巨人の戦闘経験が無い為エレン達の二の次の新兵という立場になった。
ウォール・マリア奪還作戦では前戦で戦う兵士達の馬を保護する役割を与えられたが、獣の巨人の猛攻により全滅してしまい、サンドラとゴードンに続き戦意喪失し、調査兵団に所属した事を後悔する羽目になる。
獣の巨人に勝つ為の作戦として、エルヴィンが先頭に立つ囮特攻作戦に嫌々参加し、獣の巨人に特攻を仕掛けリヴァイ奇襲から目をそらす役割を与えられるも、その率いていたエルヴィンが獣の巨人の落石の攻撃に当たり落馬してしまう。
マルロが最後まで新兵達を率いるもフロック以外の新兵は全滅。マルロや新兵達の戦死報告する生き証人となった。

生き残ったフロックは意識の無いエルヴィンをリヴァイの元に運び無事合流を果たすも、そこには瀕死の状態のアルミンもおり、捕獲済みのベルトルト(=超大型巨人)を捕食させる事で身体の回復が可能となる一本しか無い巨人化の薬を「アルミンとエルヴィンのどちらを復活させるべきか」で、奪い合う事態となりフロックもその議論に巻き込まれる事となった。

リヴァイはエルヴィンを巨人化しようとするも、アルミンの重要性を主張するエレンとミサカに反論出来ずにいたが、そこで、フロックが何故エルヴィンをリヴァイの元に運んだ理由を曝け出した。

エルヴィンを運んだのは良心から来るものではなく、勝利の為なら人間性を捨てる異常な彼への報復だった。
死にそうになっている彼を再び生き返らせ、死んでいった人間達の罪悪感を被せながら、巨人と戦わせる途方も無い生き地獄を味合わせようとしていた。それがエルヴィンへの死者に対する償いだと信じていたからだった。

しかしリヴァイは彼の言葉でエルヴィンの生死を考えさせられる元となり、エルヴィンの為と考えてアルミンを巨人化させる事になる。
その後フロックはリヴァイの行動に違和感を覚えたが、エルヴィンを悪魔にさせたのは俺達だと発言し、エルヴィンを許してやってくれと頼んでいる。
悪魔として蘇らせようとしたのは俺達自身だとリヴァイは教え、フロックは黙然としていた。

関連タグ

104期生 調査兵団 駐屯兵団

コメント