ピクシブ百科事典

「巨人を滅ぼす事ができるのは、悪魔だ!」

概要

CV:小野賢章

進撃の巨人に登場するキャラクター。
フロックの意味は「思わぬ幸運」「まぐれ」、ラテン語では「群れ」などの意味を持つ。

様々な激戦を経て大幅に人員を減らすこととなった調査兵団に駐屯兵や憲兵が入団することになった際、鳴り物入りで入団した一人。エレンたちと同じ104期生である。
仲間であるサンドラとゴードンを連れて調査兵団に入り、ウォール・マリア奪還に身を乗り出すことを決めていた。
エレン達とは同期なのだが、実質壁外調査や対巨人の戦闘経験が無い為エレン達の二の次の新兵という立場になった。

ウォール・マリア奪還作戦では兵団の馬を護衛する役割を与えられたが、獣の巨人の猛攻により前衛のベテラン調査兵達が全滅してしまい、サンドラとゴードンに続き戦意喪失し、調査兵団に所属した事を後悔する羽目になる。
獣の巨人に勝つ為の作戦として、エルヴィンが先頭に立つ囮特攻作戦に嫌々参加し、獣の巨人に特攻を仕掛けリヴァイの奇襲から目をそらす役割を与えられるも、それを率いていたエルヴィンが獣の巨人の攻撃に当たり落馬してしまう。
マルロが最後まで新兵達を率いるがフロック以外の新兵は全滅。マルロや新兵達の戦死報告をする生き証人となった。

生き残ったフロックは意識の無いエルヴィンをリヴァイの元に運び無事合流を果たしたが、そこには瀕死の状態のアルミンもおり、捕獲済みのベルトルト(=超大型巨人)を捕食させる事で身体の回復が可能となる一本しか無い巨人化の薬を「アルミンとエルヴィンのどちらを復活させるべきか」で、奪い合う事態となりフロックもその議論に巻き込まれる事となった。

リヴァイはエルヴィンを巨人化しようとするも、アルミンの重要性を主張するエレンとミカサに反論出来ずにいたが、そこで、フロックが何故エルヴィンをリヴァイの元に運んだか理由を説明した。

エルヴィンを運んだのは良心から来るものではなく、勝利の為なら人間性を捨てる異常な彼への報復だった。
死に掛けている彼を再び生き返らせ、死んでいった人間達の罪悪感を被せながら、巨人と戦わせる途方も無い生き地獄を味合わせようとしていた。それがエルヴィンへの死者に対する償いだと信じ、また敵である巨人達を滅ぼすことができるのは彼のような人間性を捨てた悪魔だけだと確信したからであった。以降、フロックはこの悪魔というキーワードを自身の道標にすることとなる。

しかしリヴァイは彼の言葉でエルヴィンの生死の行方を考え直し、エルヴィンの為と考えてアルミンを巨人化させた。
フロックはリヴァイの行動に疑念を覚えたが、リヴァイはエルヴィンを悪魔にさせたのは自分達だと発言し、エルヴィンを許してやってくれと頼んでいる。
悪魔として蘇らせようとしたのは俺達自身だとリヴァイは諭し、フロックは黙然としていた。

エルヴィンの悪魔の如き指揮の下、命の的にされ仲間達全員と死別したことは、フロックの人格を歪ませてしまうことに繋がった。仲間達が殺される原因を生み出したマーレに激しい憎悪をつのらせると同時に、仲間が命をかけて守ったパラディ島と同胞のエルディア人を絶対視する排他的で過激な愛国者へと変貌を遂げることとなった。

マーレ編でも登場。変わらず調査兵団員である。
ウォール・マリア奪還作戦で死地を生き抜いた経験が活きているのか、以前は実力に大きな差をつけられていた他の104期生と遜色ない戦闘をこなせるようになっている。
しかし、パラディ島内で勢力を増す過激な反マーレ派に加担、必要以上にマーレ人を殺害するような行動もしており、相変わらず他の104期生(現エルディア政府に好意的であり反マーレ派からは距離を置いている)との間には壁がある。
レベリオ区襲撃からの凱旋後は、迫りくるパラディ島滅亡の危機にろくな策を打てない兵団政権に反発し、「地鳴らし」発動を強行しようとするエレンに同調するメンバーを集め「イェーガー派」を結成。その実質的な指導者を担う事になる。
収監されたエレンが脱走するのに合わせてザックレー総統を暗殺し、クーデターを企てた。
このように事前に準備しないと難しい計画を実行していたが、実はマーレに渡る前にイェレナとエレンの密会を手引きした後、エレンから世界を滅ぼす計画を聞かされており、この時から計画を練っていたと思われ、兵団内で唯一エレンの意思と計画を知っていた人物である(ヒストリアはすでに退団しているため)。

関連タグ

104期生 調査兵団 駐屯兵団

























この先、ネタバレ注意























「俺・・・達の悪魔・・・それ・・・だけ・・希・・・望・・・」


最期はイェーガー派としての信念を貫き戦死する。

イェーガー派に反抗したハンジ達に飛空艇を船で搬出されそうになった際、雷槍で船底に穴を開けようとするが、ガビの狙撃に遭い海に落ちる。しかし、おそらくは立体機動装置を使って船底にしがみつくように執念で追い縋り、マーレ大陸に渡る。そして翌日、ハンジ達が飛空艇の離陸準備しているところを拳銃で襲撃し、飛空艇を狙って弾丸を放ち燃料タンクを損傷させたが、即座に反撃に転じたミカサの立体機動装置のアンカーの直撃を頸に受けて死亡した。奇しくもエルヴィンとアルミンの生死を巡ってベルトルトを争ったミカサに、あの時と同様に意見の対立で殺害されることとなった。今際の際もあくまでパラディ島内の人間の生存に拘っており、島外全人類の虐殺を悪魔の所業と分かっていながらも、その悪魔に縋ってでも生きていたい、悪魔に縋るしか生きる術がないと言い、エレンの意志に殉じた形となった。

関連記事

親記事

調査兵団 ちょうさへいだん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フロック・フォルスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 427697

コメント