ピクシブ百科事典

ハルウララを愛でる会

はるうららをめでるかい

ウマ娘のハルウララに癒しを求める集まりである。
目次[非表示]

概要


#ハルウララ マンガ 自主トレ編


ハルウララウマ娘の中では決して能力や学力が高い方とは言い難く、失敗も多いが、その失敗する姿ですら多くの人に愛されるという特徴がある。
具体例は、と言われると「全部」としか言いようがない。

その愛らしさはウマ娘達にも影響を与えており、

夏ワンピースウラライス♪


落ち込みがちな子彼女の明るさに救われ

同室


高飛車なお嬢様彼女の面倒を通して優しい一面を垣間見ることができる

そして、彼女のあまりにもの愛くるしさに

痛みを飛ばすキングヘイロー
尊みの術×2


尊死しているウマ娘がいる。



史実

現実のハルウララも似たような…どころかウマ娘以上の愛されエピソードに満ちている。

  • がんと闘病中の女性や自殺まで考えていた人が彼女を見るために高知競馬場へやって来た。
  • 100戦(100敗)時に大勢の人に祝われた。
  • 時の首相も興味を示していた。
  • 武豊もはじめハルウララブームにあきれていたが、最終的に「こんな競走馬もいていいかな」と会見で答え、敗北しながらもウイニングランのサービスを行った。
  • 引退後、御宿町出身の警察官が自らの務める木更津署の交通安全啓発ポスターにオファーした。

と、他にも細かく探せばキリがない位存在する。

実際に引退後馬主によってセラピーホースとして運用しようという計画もあったらしい。



そもそも現在飼育しているマーサファームがハルウララの飼育を継続できたのは、そういったハルウララに心を動かされた人々が支援してくれたからでもある。
ウマ娘ブームでマーサファームの訪問者も増加しているとのことで、まだまだ彼女の愛されエピソードは追加されていくだろう。



関連イラスト

ウマぱか漫画劇場5話『ウララは太陽』
うらら(?)クッキング!




関連タグ

ハルウララ ハルウララ(ウマ娘)

関連記事

親記事

ハルウララ(ウマ娘) うまむすめのはるうらら

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハルウララを愛でる会」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 137205

コメント