ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ムカつく野郎だぁーーー!!!」

概要

「ビッグ・ゲテスター」の中枢に安置されている、その名の通りメタルクウラの本体にして惑星の心臓である。尖兵であるロボット兵、及び全てのメタルクウラたちは、このコアによって制御・遠隔操作されている。そのために、コアにエラーや損傷が発生した場合、これら全てが活動停止に陥ってしまう。

幾束のコードと金属パーツをクウラに模して編み上げた巨大な頭部だけの状態。右目部分には僅かに以前の彼の皮膚が残っており、ちょうどメカフリーザの顔とは正反対となっている。
緊急時には上記画像のようにコードを更に束ね上げて胴体を形成し、戦闘形態へと移行が可能。この身体は本来のクウラとは形状が異なり、尻尾が無く部分やの形にも差異が見られるなど、どちらかと言えば人間に近いものとなっている。本人曰く「俺自身のパワーは(以前の自分と比較して)それ程落ちていない」との事。

捕獲した悟空とベジータから生命エネルギーの奪取を図り、自身の許容量を考慮した上で慎重にエネルギーを吸収し回路を遮断したが、想定外のエネルギー量を二人によって無理矢理に流し込まれた事でオーバーロードを起こし、「ビッグ・ゲテスター」が損傷しただけでなく、全てのメタルクウラが活動停止してしまう。
前述の戦闘形態へと変態し、満身創痍の悟空を締め上げて窮地に追い込むも、ベジータが奇襲で放った気円斬で悟空を拘束していた右腕を肩から切断され、激痛に怯んだところを悟空が自身の残った気を凝縮したエネルギー弾を打ち込まれ爆散。最期は「ビッグ・ゲテスター」諸共に宇宙の塵となった。

ドラゴンボールヒーローズではドミグラが追加されるまで最も使われていたであろう巨大化カードである。
アビリティ「戦闘データ送信」は1ラウンド目終了時、敵チームのHP数値分自分のパワーがアップするというとんでもない性能を持つ。普通の戦いでも対人戦でもゴッドリーグでも大活躍すること間違いなし。ただし、普通の戦いでも相手チームのHPが異様に低いこともあるのでその時は何故か超サイヤ人から大猿に変身するバーダックを使おう。
ただし、初期気力はエリートタイプであるにも関わらず随分低いので1ラウンド目は大人しくサポートエリアに入れておいた方がいいだろう。彼の真価を発揮するのは2ラウンド目からなのだから。
ちなみに自分のHPも4100とかなり高いのでHPでもチームに貢献できる。


コアの戦闘形態参照動画


http://www.nicovideo.jp/watch/sm15998547
※動画でのゲーム登場時は、劇場版よりも元のクウラに近い形状となっている。

関連タグ

メタルクウラ

関連記事

親記事

メタルクウラ めたるくうら

pixivに投稿された作品 pixivで「メタルクウラ・コア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 121

コメント