ピクシブ百科事典

ヒーローアバター

ひーろーあばたー

ドラゴンボールヒーローズに登場するプレイヤーの分身となるキャラクター。
目次[非表示]

概要

ドラゴンボールヒーローズに登場するプレイヤーの分身、いわゆるアバターである。彼ら育て、使用することで自分の分身がドラゴンボールの戦士たちと闘うことが出来る。

ヒーローズの、「憧れの悟空になるのではなく、悟空と共に戦う」というテーマの元に誕生された。
しかし、最新の暗黒魔神アバターは悟空達に立ちふさがるという一風変わったキャラクターとなっている。

男サイヤ人女サイヤ人魔人フリーザ一族、ナメック星人人造人間界王神暗黒魔神の7族、8種類から選ぶ事が出来る。
また各種族の中でも、ヒーロータイプ、エリートタイプ、バーサーカータイプの3タイプから外見、タイプを選ぶ事となる。プレイヤーのほぼ全てが地球人だと思われるが(むしろ地球人でないと困るが)、残念ながら地球人を使用することはできない。また、エリートタイプはレベル8から、バーサーカータイプはレベル12から使用可能となる。

ドラゴンボールを集め神龍にクラスアップを願うことで新たな姿に変身することが出来る。これにより衣装や姿が変化する。特にサイヤ人アバターは超サイヤ人に変身が可能になり、最終的には超サイヤ人ゴッドSSにまでなれる様になる。
CAAは種族によって異なり、。ヒーロータイプは最初から覚えているが、エリート、バーサーカータイプはアバターのレベルが一定数アップしないと覚えられない。またアバターのレベルが一定数アップすると、CAAもレベルアップする。
サイヤ人アバターはCAAの他に固有のアビリティを持っていたが、ゴッドクラスアップすると、他の種族も持つようになった。

スーパードラゴンボールヒーローズユニバースミッションにて超ゴッドクラスアップが追加され、全アバターに究極龍拳が追加され、固有のCAAと究極龍拳の二つのCAAを持つことが出来るようになった。

戦闘の際、チームに同じ仲間をいれて闘う度に「友情レベル」と言うバーが貯まり、バーが満タンになると、アバターの能力がアップしたり、必殺技を覚えることが出来る。一度に上がる能力は大したものではないが、コツコツと溜めていくと馬鹿にできない強さになる。

これによりかめはめ波をはじめ多くの技を使用可能となる。ただしバトルタイプ指定の技がほとんどであり(友情レベルが条件となっているものに限れば、タイプ不問は未来悟飯の爆裂砲火弾のみ)、覚えたい技によってはある程度デッキ構成を考慮しないといけないケースもある。また神龍へのお願いで覚えさせてもらう事で全てのタイプが使える必殺技も存在し、その数30個以上。ベジットのスピリッツセイバー、スピリッツエクスカリバーのようにキャラ丸ごとここでしか必殺技が覚えられないケースも多い。また、友情レベル・神龍へのお願いともに、弾が進むごとに覚えられる必殺技が増えることが多い。

種族

タイプ名 キャラクターボイス

サイヤ人(男)

クラスアップ!!+α


ヒーロータイプ 入野自由
エリートタイプ 阪口大助
バーサーカータイプ 森田成一
初代1弾から登場している。
どんなバトルでも対応できるオールラウンダー。成長率は平均的に上がり、他のカードをリーダーとする超ユニットでも参加できる唯一の種族。欠点らしい欠点も見当たらない。
特にエリートタイプの「気力マイスター」は非常に強力。
カードアクションアビリティ(以下CAA)は「チェンジ」。前述のように神龍にお願いすることで超サイヤ人、同2、同3に変身できるようになる。
ゴッドミッション7弾より、ついに超サイヤ人ゴッドに変身できるようになった。
ゴッドクラスアップするとCAAがチェンジから「ゴッドかめはめ波」になる。
旧筐体のドラゴンボールヒーローズまでは主人公枠のビート(ヒーロータイプ)は回復特化だったが、スーパードラゴンボールヒーローズから色々と修正が入ってパワー特化になった。具体的にはサポーターにすると仲間のパワーが上がるようになり、攻撃寄りの性能に変更されることとなった。
ユニバースミッション1弾より、超サイヤ人ゴッドSSにまでなった。
初代からいるためか、ボイスの使い回しが他の種族より多め。


サイヤ人(女)

サイヤ人3人娘


ヒーロータイプ 松岡由貴
エリートタイプ 園崎未恵
バーサーカータイプ 鈴木麻里子
初代4弾から登場。
男サイヤ人と同じくどんなバトルでも活躍するオールラウンダー。
成長率は全種族で遅めだが、かわりに先行を取れば爆発的に能力が上がり、気力初期値や回復率は多めという嬉しいメリットもある。バーサーカータイプでも初期気力が2本あったりする(普通は1本)。
サイヤ人(男)同様どのタイプでも扱いやすいが、先攻時ダメージ倍率アップ+ゴッドかめはめ波でダメージ倍率永続アップのバーサーカータイプが使いやすいだろうか。

CAAは男と同じく「チェンジ」で前述のように神龍にお願いすることで超サイヤ人、同2、同3に変身できるようになる。アルティメットユニットはサポート系になっている。
一時はヒーロータイプの担当声優がアッキーナだったというウワサも。
ゴッドミッション7弾では男サイヤ人アバター同様超サイヤ人ゴッドに覚醒する。ゴッドクラスアップするとCAAがチェンジから「ゴッドかめはめ波」になる。
ちなみにエリートタイプアバターのヴィオラが一番口が悪い
ゴッドかめはめ波の「清楚なゴッドかめはめ波」を撃つ時の台詞も「このクソ野郎!」である。清楚とはなんだったのか。
…とかなんとか言ってたらドミグラの手下のプティンの本性がヴィオラと似たようなことに…。
男と同じくユニバースミッション1弾より、超サイヤ人ゴッドSSにまでなった。ただし、髪型はそのまま。

アッキーナがアバターとして一時期使用可能の理由は『サキよみジャンBANG!』という番組の企画で行われたもので、顔と声のみ変更。ボディと能力値はサイヤ人(女)アバターのまま。
アバターのデータをサイヤ人(女)の状態でゲームを始め、ユニットボタンの緑を押したままヒーローアバターカードをフラットパネルでスキャン。
当時は同じく番組のMCアメリカザリガニの2人もナッパ等から顔と声を差し替えた敵として登場した。


魔人族

ヒーローズのブウちゃんがもはやコスプレ祭り


ヒーロータイプ 山口勝平
エリートタイプ 松野太紀
バーサーカータイプ 野島健児
初代3弾から登場。
敵に狙いを定め、敵を弱らせるスナイパータイプ。
成長率は体力が多めに上がる。
ヒーロー、エリートのアバターは魔人ブウ:善のような見た目だが、バーサーカーのみ魔人ブウ:純粋に似た見た目。
CAAは「ロックオン」。敵の中から指定したキャラに妨害効果をかけられる。
ヒーロータイプのユニット効果はレベル1では敵のパワーを下げる効果だが、レベル2以降では超ユニット技に変化する。
エリートタイプはこれまでそれほど強くなかったがゴッドクラスアップしてから格段に強くなった。
「ガツンといきます!」なのだが戦闘力を一定値上げると自分チーム全員の与えるダメージが1000~1500アップというとんでもない効果である。孫悟空超サイヤ人ゴッドSS、クロノアと組ませる人がほとんど…というかほぼ全員。ヤムチャ使えばいいのに。という事態にまで陥った。アルティメットミッションXで再現可能と思われる。
スーパードラゴンボールヒーローズではヒーローエナジーが7個以上ある場合アビリティ発動という形に変更されたが、それでも脅威である。


フリーザ一族

帝王の一族


ヒーロータイプ 三木眞一郎
エリートタイプ 羽多野渉
バーサーカータイプ 中井和哉
初代5弾から登場。
フリーザの一族で、敵に大きなダメージを与えるアタッカータイプ。
公式では「ダークヒーロー」と呼ばれることもあり、超ユニット技では唯一テーマソングが流れない。
PVでは悟空、ビートと共にスラッグ一味を懲らしめるために活躍した。
キャラデザインは、原作者の鳥山明がこの為だけに自らデザインをした(製作スタッフ曰く「デザインが難航し、最終的に鳥山先生が全ボツして自分で描いた」とのこと)。
成長率はパワーが伸びやすい。
CAAは「バースト」。必殺技発動時にアクションを成功させるとダメージアップ+追加効果発動(ヒーロータイプとバーサーカータイプはデバフ、エリートタイプは気力ダメージ増加)。
元々バースト自体が扱いやすいCAAであるため、その観点で言えば最もオススメできるヒーローアバター種族。
ちなみにゴッドクラスアップするとみんな金色部分が追加される。ゴールデンフリーザのようなものだろう。


ナメック星人

ナメックアバター


ヒーロータイプ 私市淳
エリートタイプ 下野紘
バーサーカータイプ 日野総
初代8弾から登場。
ピッコロスラッグと同じ戦闘タイプの種族。
仲間を守るために戦うディフェンダータイプ。
成長率はガードが大きく成長しやすい。
CAAは「合体」。戦闘力2倍、毎ラウンド気力回復と強力だがピッコロさん必須(ついでにCAAを使うと同化された方は欠員となるためアビリティ発動不可となる。それ以外はおおむね不利にはならないが)。ダメージ倍率アップ効果のバーサーカータイプが特に強力で使用率も高め?ゴッドクラスアップで仲間の気力を回復させるエリートアバターはなんとピッコロがいない時でも採用されることがあるらしい。
ちなみにゴッドクラスアップするとなぜか悪役のような機械的で恐ろしい目つきになる。
スーパードラゴンボールヒーローズにおいては、2ラウンド目にピッコロを召喚アプリで呼び出して合体のパートナーになってもらう…という戦術が可能になったためデッキの自由度が上がった。


人造人間

人造人間アバター


ヒーロータイプ 阿部敦
エリートタイプ 浅野真澄
バーサーカータイプ 千葉一伸
ギャラクシーミッション9弾から登場。
時空を守るために生み出されたレッドリボン軍の兵器。
仲間と共に限界を超える、サポートバランスタイプ。
成長率はサイヤ人よりも平均的に高いのだが、チャージインパクトは他のアバターよりもやや早いため、上級者向けである。また、初期気力も一般的なキャラクターより少ないのが難点。
CAAは「ダブル」。仲間と一緒に追加攻撃を行い、条件を満たす(バトルタイプが同じ仲間と攻撃・ダブルアタック大成功を出す)ことで追加効果を得られる。自分とパートナーの戦闘力を上げられるヒーロータイプの使用率がかなり高い。
ユニットメンバーはフリーザ一族と同じ。
ヒーロータイプは17号、バーサーカータイプはセルに近い見た目。

界王神

ほぼキビト神様まとめ


ヒーロータイプ 松岡禎丞
エリートタイプ 木村良平
バーサーカータイプ 植田佳奈
ゴッドミッション3弾から登場。
時の界王神によって召喚された界王神。
時間を止め、敵に大きな痛手を与えるカウンタータイプ。
HPとパワーがとても伸びやすい。しかし、一時停滞することも…?
CAAは「フリーズ」。相手の攻撃を1回無効化し反撃できる。もちろん他のCAA同様追加効果もある。効果としてはガンダムトライエイジの「デュアルアームズ」(ただしこちらの追加効果は1種類のみ)、演出的にはザ・ワールド+北斗百裂拳と考えてもらえばわかりやすいか。
敵に強力な気力ダメージを与えるエリートタイプの使用率が高め?
バーサーカータイプのみ女で何故か関西弁。


暗黒魔神

暗黒魔界の仲良し三人組✨


ヒーロータイプ 内田雄馬
エリートタイプ 声優不明
バーサーカータイプ 声優不明
トワドミグラにおける種族。暗黒魔界出身。
スーパードラゴンボールヒーローズ3弾から登場。
PVでは魔神ヒーロータイプアバターがダーブラ:ゼノと戦うが、以降のPVでは暗黒帝国軍の一員?としてヒーロー達に立ちふさがる。
4弾PVではターレス:ゼノの暗黒ドラゴンボールを奪おうとするがターレス:ゼノの暗黒ドラゴンボールに突如異変が発生し、回収し損ねている。
しかし、3弾チャレンジミッションクリア後はヒーロー達について行くことにすると発言していたりと色々と謎が多い。
他のアバターより気力ダメージ耐性が高く敵の体力を奪う大器晩成型。ただし、きぜつしないわけではないので過信は禁物。気力にはきちんと目を配ろう。
CAAは神、魔神専用である「ドロー」。相手のHPを吸収しつつ追加効果を付与できる…がエリートタイプのみ追加効果がない(その代わりに吸収量が多い)。
エリート以外ならダメージ軽減率ダウンのバーサーカータイプがオススメか。ヒーロータイプのパワーダウンは最大まで育ててもSECターブル1枚でチャラにされてしまう。
アルティメットミッションXではヒーロータイプのシャメルのみが登場。普通アバターが敵として登場した時は「ライバル」と表示されるがこのゲームでは「シャメル」と表示される。
ひたすらに強さを求め続けており、主人公や孫悟空:ゼノらの強さに目を付けている。時には魔神ドミグラと協力することもあるが…?


アバターとユニットに必要なキャラ

男サイヤ人アバター:孫悟空超サイヤ人)・孫悟飯(少年期)(超サイヤ人
女サイヤ人アバター:孫悟空(超サイヤ人)・バーダック
魔人族アバター:魔人ブウミスターサタン
フリーザ一族アバター、人造人間:ベジータ超サイヤ人)・ピッコロ(神と融合)
ナメック星人アバター:ピッコロ(神と融合)・孫悟飯(青年期)(超サイヤ人
界王神アバター:孫悟空・トランクス:ゼノ
暗黒魔神アバター:トワミラ



関連タグ

ドラゴンボールヒーローズ
スーパードラゴンボールヒーローズ

ドラゴンボールドラゴンボールZドラゴンボールGT
ドラゴンボール改ドラゴンボール超

pixivに投稿された作品 pixivで「ヒーローアバター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 179462

コメント