ピクシブ百科事典

超元気玉

ちょうげんきだま

ドラゴンボールに登場する技「元気玉」の一つ。
目次[非表示]

概要

ドラゴンボールZ魔人ブウ編で使用した元気玉
通常の元気玉が自然の中にあるわずかな気を収束させて放つ技なのに対し、再生能力を持つ魔人ブウを完全消滅させるれるように地球人全員の気を集結させて放つようにアレンジされている。

発動までの経緯

魔人ブウ(純粋)との戦いが長引き超サイヤ人3も解けてしまい、分裂した魔人ブウ(善)もどんどん追い詰められてしまう。そんな時、ベジータナメック星のドラゴンボールで地球と殺された地球人たちを復活させることを提案、再びブウに殺されることを懸念しながらもキビト神たちはポルンガの3つの願いで地球と殺された人々を復活させる。
ベジータが思いついた作戦、それは地球人全員の気を集め超特大の元気玉を生成しそれで完全消滅を狙うという大掛かりな計画であった。
彼は界王さまの協力の元、地球人全員にテレパシーで訴えかけ気を貸してくれるように訴え、その結果すぐさま元気玉が作られた…が、ブウ消滅には全然足りていない。実は彼らの家族や仲間らは事情を察し気を送ってくれたものの、他の人間たちはバビディに恐怖された経験から猜疑心を抱き全く協力してくれなかったのであった。悟空も訴えかけた結果、ウパと彼の父や17号スノはっちゃんと言った彼がかつて出会った人々は気を貸してくれたものの、やはりそれ以外の人々は協力を拒み、それどころか身勝手なことを言い出す始末。しかしこの様にサタンは憤慨、その叫びが地球中に届きセルの時と同様にサタンが地球のために戦っている」と勘違い(サタンは状況を理解していなかったとはいえ、味方側なのである意味正解なのだが)、彼を応援すべく天に手を挙げて気を送り、ついに完成する『超元気玉』

だが魔人ブウはこれをふんっばって耐える。実は激戦続きでもう悟空の体力はもうないのである。気を追加した力押しは地球中はおろかあの世からも気を捻出したゆえにもうこれ位以上の気の追加は見込めない。作戦失敗かと諦めかけたもののまだポルンガの願い最後の1回が残っていた。これで体力回復した悟空は超サイヤ人に再び変身し最後の追い込みにかける。
そして最後はここまで強さを見せたブウに称賛の言葉と生まれ変わっての再戦を誓い、別れの挨拶と共に最期の一押しでブウにとどめをさす。

こうして最強の敵、魔人ブウは跡形もなく消滅。宇宙は救われたのであった。

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ
元気玉

関連記事

親記事

元気玉 げんきだま

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「超元気玉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53

コメント