ピクシブ百科事典

四身の拳

ししんのけん

「ドラゴンボール」に登場する技。
目次[非表示]

概要

 ドラゴンボールに登場する天津飯の使用する。初使用はマジュニア編の第22回天下一武道会準決勝戦。
 使用することにより、(残像拳とは異なり)身体が四人の実態を持った分身に変わる。これにより4対1で試合を進めることが可能になるのだが、戦闘力を四等分してしまうため、パワーもスピードも1/4になってしまうという弱点がある。
 しかし、セルが使用した際にはなんと能力をそのまま四人に分身していた。

 ゲームの「ドラゴンボール改 サイヤ人来襲」などではこの技を会得するに至った過程が描かれている。

余談

 ドラゴンボールZのアニメオリジナルシーンではナッパに対しピッコロマジュニア)とクリリンがこれの劣化版と思われる三身の拳(作中では名称不明)を使用している。これより少し前にも、ピッコロは分裂した自分とひたすら殴り合いをするという修行を行っている。この場合は二身の拳とでも言うべきなのだろうか。

関連項目

ドラゴンボール 分身の術 影分身

pixivに投稿された作品 pixivで「四身の拳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1791

コメント