ピクシブ百科事典

ファミコン神拳

ふぁみこんしんけん

ファミコン神拳は、週刊少年ジャンプに掲載されていたゲーム紹介記事。

概要


1985年頃から1988年頃まで週刊少年ジャンプに掲載されていたファミコンの紹介記事。
初代担当はDr.スランプジャンプ放送局の初代担当でもあった名物編集者(?)・鳥嶋和彦

レビューや裏技を乗せたゲームはメーカーからの提供品ではなく自腹を切って購入したものであり、それゆえにメーカーが公表をはばかるような裏技まで載せていた。

開始時のライターはゆう帝(堀井雄二)、ミヤ王(宮岡寛)、キム皇(木村初)の三人だったが、後にてつ麿(黒沢哲哉)とカルロス(とみさわ昭仁)を加えて最終的には五人になった。イラスト担当は土居バグユキ(土居孝幸)。

余談

イラスト担当の土居によると元々ジャンプ放送局で既に集英社での仕事をしていたが、ファミコン神拳でさらにBMWが現金一括で買える程印税が稼げたという。
現在の週刊少年ジャンプには皆無ではあるが、この頃はやはり新しいホビーとしてマイコンやゲーム機に鳥嶋が注目していた事から記事をよく組まれていた。

pixivに投稿された作品 pixivで「ファミコン神拳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 231

コメント