ピクシブ百科事典

DOPPELER

どっぺらー

『DOPPELER』とは、普津澤画乃新(ふつざわ かくのしん)による読切漫画。

週刊少年ジャンプ2012年08号に
読切作品として掲載された。47ページ、センターカラー。
作者・普津澤画乃新にとっては『週ジャン』2007年39号掲載の『ANAAKI'S(アナアキーズ)』
以来、実に4年半ぶりの作品掲載であった。


あらすじ

居場所もなく死にたい気持ちがある者から
「ドッペルゲンガー」という存在が生まれる。
ソレは本人を乗っ取り、"死の力"によって周囲の人間をも死へ追いやっていく。

主人公・誰田 後(だれだ ウシロ)は勉強ダメ、スポーツダメなさえない高校1年生。
唯一構ってくれるクラスメイトの女子・侭野(ママノ)を除いて、
周囲と打ち解けられない、孤独でつまらない生活を送っていた。
彼が住む町では最近奇妙な殺人事件が多発しており、
高校ではドッペルゲンガーが人を殺すと言う噂が広まっていった。
下校中ウシロはドッペルゲンガーが殺人を犯すことを考え、
「生きててもいい事ないし べつにオレ死んじゃってもいいよな」と思ってしまう。
その瞬間、彼の前にドッペルゲンガーが現れ、
"死の力"でウシロを灰にして殺そうとした。

……しかし、なぜかドッペルゲンガーはウシロを殺すことに失敗、
ウシロの体を乗っ取りきれず、彼の意志に逆らって"死の力"を行使できない
「別モノ」となってしまった。
ドッペルゲンガーは仕方なしにウシロの体で同棲することとなり…。

関連イラスト

「やったねっ!」


左の赤髪の少女が侭野、右は彼女のテニス部仲間のサヨコ。

pixivに投稿された作品 pixivで「DOPPELER」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1735

コメント