ピクシブ百科事典

ケアル

けある

スクウェア・エニックス(旧スクウェア系)の作品に登場する回復魔法。
目次[非表示]

概要

スクウェア・エニックス(旧スクウェア系)の作品に登場する回復魔法で、『ファイナルファンタジーシリーズ』のものが有名。名前の由来は「治癒」を意味する英単語の「care」か「cure」のどちらかだと思われる。

ちなみに、「ケアル」という名前はスクウェア・エニックスに商標登録されている。

FFシリーズのケアル

白魔法であり、最も初級の回復魔法。DQホイミに相当。上位魔法にケアルラケアルアケアルダケアルガケアルジャフルケアがある。例外的にFF4イージータイプではシリーズ未経験の初心者pプレイヤーのためにケアル=ケアル1、ケアルラ=ケアル2といったように末尾の数字で回復量の多さを示すように変更されている。

HPを回復する対象は、特定の1人か、パーティー全体(戦闘時は戦闘参加メンバーのみ)かの指定ができる。ただし、パーティーで一部メンバーだけを指定して(3人中2人だけ、など)回復、という方法は取れない。

FF2以降では、アンデッドにかける事でダメージを与えられるようになった。(FF1では「ディア」という対アンデッド用の攻撃魔法があった)

その他スクウェア・エニックス作品のケアル

Sa・Gaシリーズ

GB3作(『魔界塔士Sa・Ga』、『Sa・Ga2秘宝伝説』、『サガ3時空の覇者』)とその移植・リメイク版に登場。

『魔界塔士』ではモンスターのみの能力としてのみ使用可能で、『秘宝伝説』ではモンスターのほか、エスパーが特殊能力として習得できるようになった。両作品にはケアルと似た効果を持った「ケアルの書」という武器(魔法の本)も登場している。『時空の覇者』では店で購入可能な魔法で、一部のモンスターも使用する。DS版では基本的にモンスター専用(他の種族は引継ぎで使える。魔法辞典だと最下級がケアルラになる)の魔法となった。

基本的にアンデッド相手にもダメージは与えられず通常の回復効果となっているが、GB版『時空の覇者』のみ、敵対するアンデッドにかけるとダメージになる。また、効果もいずれも単体回復となっているが、例外としてGB版『秘宝伝説』およびDS版『時空の覇者』は、前者はグループ回復・後者は全体回復となっている。一方『秘宝伝説』に関しては、味方が使う分には単体効果となる。

クロノトリガー

マールが習得可能な魔法の一つで、ロボがケアルと同じ効果の技ケアルビームを習得する(一部の敵も同名の技を使用)。

聖剣伝説-ファイナルファンタジー外伝-

主人公の習得する魔法。

半熟英雄

エッグモンスターの城魔道士とゾンビが使えるのだが、前者はHP回復、後者は即死してしまう(アンデッドなので当然である)。

キングダムハーツシリーズ

プレイヤーが操作するキャラクターはほとんどのキャラが扱える他、魔道士ポジションのドナルドダックは「ドナルドケアル」という専用の回復魔法を使う。そして当然ながら敵側にもケアルを扱えるキャラは存在する。

強化版のケアルラ・ケアルガも登場するが、シリーズによって効果が微妙に異なり、味方のHPを時間経過で少しずつ回復したり(いわゆるリジェネ)、魔法をかけた対象だけでなく対象を中心とした効果範囲にいる味方も回復できるなど、バリエーションは様々。
また、アクションゲーム要素が強い本作では敵から攻撃を受けて詠唱が中断されてしまう事もあるが、回復魔法を中断しなくなる「リーフベール」などのようにケアル系の魔法を強化するアビリティも存在する。

関連タグ

ファイナルファンタジーシリーズ 白魔法 白魔導士
ケアルラ ケアルダ ケアルガ ケアルジャ フルケア
リジェネ
ポーション
ホイミ
天使の詩<主人公の名前がケアル>
クァール<翻訳によってはケアル>

関連記事

親記事

FFの魔法の一覧 えふえふのまほうのいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ケアル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53210

コメント