ピクシブ百科事典

トーク星人

かなしきふくしゅうしゃ

「……憎しみが、トークを鬼にしました。愛して許すことが、トークを本当の姿に戻したのです。トーク!どうか天国へ行って下さい。あなたはとってもやさしいお兄様でした……」(シナリオのアンヌ、最後のセリフより)
目次[非表示]

「そっくりだ……シシーにそっくりだ……」
「シシー、2人で復讐しよう。私たちの両親と仲間たちを皆殺しにした地球人を火の海に葬るのだ!」

データ

別名身長体重出身地
幽鬼宇宙人0.99~42m0.97~3万tトーク星


概要

3000年もの昔に武器を捨て、戦いというものを否定した友好的で平和的な宇宙人
外見はの毛が赤いという点以外は地球人と同じ姿をしている。
自身の体を半透明にすることで、自分達に危害を加えようとする者たちから身を守る事ができる。

300年程の昔に母星とよく似た地球と友好を結ぶためにやって来たが、髪の毛がという理由だけで迫害され(おそらく伝説のと誤認されたためだと推測される)、仲間と家族、更には最愛のであるシシーをも焼打ちで殺された事でに大きな傷を負ってしまう。

その為、復讐という憎しみの心に囚われた彼はデスマスクのように無表情であり、とあるにある洋館(おそらく地球における彼らの滞在場所『平和郷』の跡地だと思われる)へと身を隠し、館に近づく地球人を殺し続ける一方、その地下研究施設で妹を殺された復讐の為に、“地球人皆殺し”の為の兵器を製造し続けていた。
なお、彼は復刻したトーク星の武器らしき猟銃で武装している。

そんなある日、偶然迷い込んできたウルトラ警備隊アンヌ隊員と会合した彼は、彼女に妹の影を重ね(偶然にも妹のシシーとアンヌの容姿が瓜二つであった…)、彼女を軟禁してしまう。

その後、ダンと共に館を脱出したアンヌ達は彼の事情を知る事になるが、復讐に囚われた彼が開発を進める兵器の脅威から危険人物と判断した言っていることは正しいが、ある意味あなたの方こそが、後々災いを振りまいているのではないか?と思うような行動をとりがちな上の判断と、アンヌに防衛軍基地に会いに来て殺戮を振りまく彼の行動から、彼の暗殺が決定してしまう事に…

ためらうアンヌだったが、上からの命令やこれ以上被害を出さない為にもやむなく作戦を決行。誘き寄せられたトークは『超兵器8』に蜂の巣にされ、妹の名を叫びながら絶命するが…

悪鬼・トーク星人(仮称)

絶命したトーク星人の肉体より抜け出た彼の深い悲しみや怨念マイナスエネルギーが実体化した怪物。

ニ本のに耳まで裂けた口というまさに伝説上のを思わせる容姿に、のように全身に纏った布がメラメラと靡いているという地獄より這い出て来たかのような悍ましい姿をしている。

手にした巨大なであらゆるものを粉砕し、からは闇よりもい発火性のあるを吐き出す。また、全身の布は伸縮自在であり、これを使って敵を拘束することが可能なほか、『超兵器8』をものともしない防御力を秘めている。

登場したセブンと激しい攻防戦を展開(恐らくセブンも説得を試みたのだろうが…)するが、その凄まじい怨念の力の前には流石にセブンも追い詰められ劣勢に陥り、窮地に立たされる。しかし、戦いの虚しさを必死に訴えるアンヌの言葉を聞き、亡き妹の面影を見出したことにより戦意を喪失。

最後は『エメリウム光線』を受け本来の姿に戻り、アンヌの見守る中、静かに消滅していった…。

※本来の姿に戻れたのは、アンヌの言葉で本来の優しさを取り戻したことを暗に示していることから、最後の最後で彼のは救われたのだった…。

しかしあの隊長、仕方ない事とはいえ、やっぱり非道な人物である…

余談

元々はウルトラセブンの未制作シナリオ『300年間の復讐』に登場する宇宙人であったが、NHK製作ドラマ「私が愛したウルトラセブン 第1部『夢で逢った人々』で一部が映像化されている。

こちらでは上記の内容と少し違う部分があり、トーク星人とアンヌとの交流や、それによって次第に彼の心が癒されていく描写が付け加えられている。

また、漫画家の居村眞二氏によりコミック化(「ウルトラマン80宇宙大戦争―ザ☆ウルトラマン ウルトラセブン」 出版元:ミリオン出版に収録)もされており、そちらでは、いかにも異星人の姿をしていたNHK製作ドラマのデザインとは違って、地球人と同じ姿をした異星の住人として描かれている。
なお、そちらでは『イドシステム』という生物を怪獣化させる装置をつかって、自身が直接怪物化して復讐しようとしていた設定や、セブンとの戦闘時にアンヌだけではなくセブンも彼の説得を試みようとするなど、細部が変更されており、最期はアンヌに看取られてかつての優しさを取り戻し、静かに息を引き取る描写に変更されている。

ちなみに、ボーグ星人はこのシナリオで登場する筈だった幽鬼兵・甲冑人間の流用である。

名シーン

私達のトーク星は地球とよく似た星だ。
私達は地球人と交流を図りたかった。
ところが地球へ来てみて驚いた。
地球人同士が武器を振り回し殺し合いをしているのだ。
そこで私たちはひとまず山間に平和郷を作って住みついたのである……

地球人たちに私たちの平和郷が焼き討ちにされた。
私たちの髪の毛が赤いというそれだけの理由からだ。
トーク星では、三千年も前に武器を捨ててしまっていたので無抵抗のままだった。
地球人の残忍さ獰猛さは猛獣の比ではない……

トーク星の武器を完成するのに三百年もかかってしまった。
武器をまるで玩具のようにふり回す地球人たちに、
本当の武器の恐ろしさを教えてやるのだ……

「上原正三シナリオ選集」より抜粋

関連記事

哀しき悪役 宇宙人 ウルトラセブン ボーグ星人 アンヌ隊員 みんなのトラウマ

似たような境遇を持つキャラ
メイツ星人 ジャミラ ノンマルト ミゲロン星人 ペガッサ星人の強硬派の皆さん
歌舞鬼

コメント