ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

別名一角紅蓮超獣
身長66メートル
体重7万9千トン
出身地不明(おそらく異次元)


概要

一角紅蓮超獣 バキシマム


一角超獣バキシムの強化改良型超獣
全体的にをイメージしたようなシルエットが特徴で、頭部や背面と尻尾のトゲに炎の意匠が顕著に見られる。特にトゲは全体的にボリュームアップしており、強化前よりガッシリした印象を受ける。

バキシムに更なる強化改造を施し、炎を操る能力を与えた個体。両腕には超強力な火球「紅蓮火炎弾」を発射する巨大なクロー付きのバーナーユニットが装備され、一度だけ発射できる切り札だった頭部の一角誘導ミサイルは、ブーメラン状の形に変えられ、炎を纏って標的を切断できるばかりか、発射した後に頭部に戻ってくる「一角紅蓮ミサイル」に改良されている。
鼻先の砲口が残されている為、従来のバルカン砲も使用可能と思われる。
武装だけでなく、ゲーム『大怪獣バトルNEO』ではハイジャンプを披露するなど、機動力も格段にアップしており、本当にバキシムかと疑う程にアクティブに立ち回る事が可能。
必殺技は紅蓮火炎弾と一角紅蓮ミサイルを組み合わせた「紅蓮コンビネーション」

大怪獣バトルNEOの「ひとりでバトル」モードにて発生するエクストララウンドでレイオニクス抹殺を目論む巨大ヤプールに率いられて登場する。

映像作品では

ウルトラマンギンガ

異形の手のモノの部屋に陳列されているスパークドールズの一つとして登場。なお、バキシマムの500シリーズは発売されずに終わったので、従来の玩具ウルトラ怪獣シリーズの一つを使用している模様。
公募作品の宿命故か、直接の登場は無かった。

余談

児童雑誌にて行われた『バキシム強化改造計画の最優秀作品』。
他の作品が「〇〇バキシム」というネーミングの中、たった一文字の追加でバキシムの強化形態だということがイメージできるハイセンスな名前や元のイメージをそこまで変えずに炎属性を追加させた良デザインなどから人気は高い。

残念ながら映像作品には登場しておらず、専らアーケードゲームの『大怪獣バトル』シリーズでしかその雄姿を拝めないのが残念で仕方ない。

一応、テレビくんで掲載された内山まもる氏作の漫画『ウルトラマンメビウス外伝 ゴーストリバース』や付録DVDである『ウルティメイトフォースゼロ アナザースペースアドベンチャー』でならその活躍を拝めない事もないが。

関連タグ

ウルトラマンA バキシム 超獣 大怪獣バトル 公募

関連記事

親記事

バキシム ばきしむ

pixivに投稿された作品 pixivで「バキシマム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7540

コメント